PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第97回クルーズレポート

第97回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

スマラン(インドネシア)寄港-インドネシアの子どもたちと出会う-

2018年03月24日

180324_3543.jpgインドネシアの社会問題に取り組んでいるNGOが支援している学校などを訪れ、子どもたちと交流するオプショナルツアーへ参加しました。港を出発して45分、小学校に到着です。お休みの日にも関わらず、色鮮やかな民族衣装をまとった子どもたちが、音楽を演奏したり伝統舞踊でお出迎えしてくれました!
 
180324_3563.jpg教室へ入ると、手作りのおやつが用意してありました。これは子どもたちが手作りしてくれたそう!うれしいおもてなしとおいしさに、思わず笑顔がこぼれます。
 
180324_3579.jpgここで、お待ちかねの交流タイムです。子どもたちと折り紙をするグループと、インドネシア料理を作るグループに分かれます。
 
180324_3589.jpg鶴やカブト、飛行機などの折り方を教えたり、習字やけん玉、風船などで子どもたちと触れ合います。料理も着々と進み、おいしそうな香りがしています。ランチタイムが楽しみ!
 
 180324_3617.jpg続いて、学校を出て子どもたちに学校周辺を案内してもらいます。このあたりは、政府の支援で作られた道や家などが並んでいます。わたしたちが通りかかると、住民のみなさんは笑顔で手を振ってくれました。
 
180324_3669.jpg学校に戻り、まだまだ交流タイムは続きます。「幸せなら手をたたこう」「大きな栗の木の下で」などをウクレレの音色に合わせてみんなで歌います。歌詞の言語は違いますが、同じメロディーにのせて同じ歌を楽しむことが出来ました!
 
180324_3684.jpg日本の文化や言葉を紹介したり、浴衣の着付けをしたりと、時間いっぱい交流を深めます。  
 
180324_3695.jpgたくさん動いておなかもすいたので、先ほど料理グループが作ったランチをいただきます。心のこもった手料理は、やっぱりおいしい!「おいしいね~」という声が、あちこちから聞こえてきます。
 
180324_3730.jpg最後に支援物資を渡して、みんなで記念撮影です。短い時間でしたが、子どもたちの笑顔にこちらも元気をもらうことができました!  
 
180324_3754.jpg次に訪れたのは、ストリートチルドレンだった子どもたちが生活している孤児院です。ここも、小学校を支援しているNGOによって作られた施設です。こちらでも支援物資を手渡しします。
 
  180324_3770.jpgオーシャンドリーム号に戻ると、小学校の子どもたちが来てくれていました!今度は、わたしたちが船内を案内する番です。大きな船に、子どもたちは興味深々!楽しそうに見学していました。日本とインドネシア、国籍も言葉も違うけれど、今回の交流を通してお互いの事を知るいいキッカケになったのではないでしょうか。
[レポート、写真:堀内佐和]

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |