PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第98回クルーズレポート

第98回クルーズレポート トップへ

ひと─参加者紹介

参加者紹介 / 小池晋作さん

福岡県から参加、23歳

乗船のキッカケは?
実は、海外にはほとんど興味がないんです。でも、仲の良かった友人が昨年のクルーズに参加していて、帰りたての彼にあったときの表情が忘れられません。「素敵な仲間がたくさんできて、本当に充実した日々だった。」そう語ってくれるのを聞いて、とても魅力を感じました。また、会社員を辞めるタイミングとも重なり、「今だ!」という想いで乗船を決めました。

乗船前は?
会社員を辞めた後、8ヶ月の時間がありました。そこで、ピースボートのボランティアスタッフとしてポスターを貼ろうか、路上で靴磨きをしようか迷いました。僕は本当に人が好きで、とにかく人と話す経験を積みたかったので「路上靴磨き」で、船旅の費用を全額貯めるチャレンジを始めました。そして、8ヶ月で1200人の靴を磨きました!一足一足に個性や味があって、足元にこそ、その人の人柄がにじみ出ます。わずか数分間の間ですが、会話をしながら靴を磨くと、言葉や表情、そして靴から、その人の性格や生き方、家族構成、お仕事などを感じ取りながら人と向き合える「靴磨き」に大きな魅力を感じています。今では靴を見ただけで、その人のことがだいたい分かります。そして、お金も「お気持ち」と伝えて、いただかないこともあります。靴磨きの師匠には「自分の希望をはっきり示した上で靴を磨いた方が安定する」とアドバイスをもらっていますが、僕は「人と話すこと」が一番で、お金や靴磨きはそのついでと考えています。8ヶ月間もかかってしまいましたが、その分、本当にたくさんの人と出会い、話すことができたのでよかったです。クルーズ中も、世界中の路上で靴を磨きます!

船内でやってみたいことは?
これというのは浮かびませんが、今日さっそく、靴磨きのパフォーマンスや靴について語る「靴磨きSHOW」を企画しています。船内生活には目標があって、少し恥ずかしいですが「全員、私のファンになってもらう」ことです。お互いに応援し合い、支え合える仲間をたくさんつくりたいと思っています。けれども、まずは、路上で靴を磨いていたときのように、「困っていることはありませんか?力になれることはありませんか?」と尋ね、誰かのために尽くすことから始めたいです。そのついでに、私のことを好きになってもらえたら嬉しいですね。

下船後の目標は?
日本に戻ったらまずは1ヵ月間、ひたすら靴磨きに挑戦したいです。旅に出る前と旅を終えた後、自分自身がどれだけ変化できたのかを、靴を磨きながら、人と向き合いながら、確かめてみたいです。その後はもともと夢だった「ファイナンシャルプランナー」を目指して、新たな挑戦を始めたいと考えています。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款  | 個人情報について  | ピースボートセンターのご案内  |