PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

PEACE&GREEN BOAT 2015クルーズレポート

PEACE&GREEN BOAT 2015クルーズレポート トップへ

Life Onboard

ウラジオストック寄港-子どもたちと交流・後編-

2015年08月04日

イベントの後はグラウンドでの交流会へ。ここからは、様々なアクティビティで交流を深めます。折り紙のようですが、これもウラジオストックの子どもたちが準備してくれたもの。日本の折り紙に似た遊びがあるんですね。

演劇?仮装?…何でしょう?? こんな一風変わった作り物も。

こちらのブースで行われていたのは、イス取りゲーム。ウラジオストックにも同じゲームがあることに、ちょっとビックリ。

袋に入ってピョン、ピョン!! 日本の運動会などでお馴染みのアクティビティですが、まさかウラジオストックで地元の子どもたちと一緒にやれるなんて、思ってもみませんでした。

ウラジオストック風ミサンガ作りも体験。これは嬉しい!! 何よりのお土産になりますね。

リンボーダンス! ダンスもスゴイですが、棒を持つ両端の男性の帽子にも釘付け。それ、ドコで買えます?ちょっと欲しい…。

ボーリングもあります。「ストライク!」 お見事!!

なんと、アーム・レスリングまで。こういう、シンプルな遊びって、本当に万国共通なのかもしれません。

石に絵を描いてみよう、なんてブースも。色遣いやモチーフが、それぞれに少しずつ異なるのがオモシロイところ。日本の子どもたちにとっては、このまま夏休みの工作や自由研究に出来ちゃうんじゃないでしょうか。

日本で言う、福笑いのようなゲームも。手で目隠ししちゃうあたりがまた楽しいところ。このくらい、ちょっと「雑」な交流がまた嬉しいもの。お互いの距離もぐっと縮まります。

楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまうもの。もうすぐお別れの時間です。この頃には、仲良し…どころか、昔からの友だちのよう。改めて言うまでもないことですが、日本と韓国とロシアの子どもたち、言葉は通じません。お互いに明らかに違う言葉を話しているのに、ナゼか、ぐんぐん仲良くなってワイワイ笑っているんです。戸惑ってばかりのオトナからすると、これは本当にスゴイことだし、また大きな希望を感じることでもあります。

お子さんと一緒にこのプログラムに参加したという、日本のお父さん。「通訳のない交流と聞いて少し不安でしたが、地元の子どもたちがたくさん工夫して準備してくれていたので、すごく良かった。保護者としても嬉しかったですね。また、ロシアの子どもたちが積極的に誘って交流してくれたのも、ありがたかったです。国も言葉も関係なく、みんなで楽しめたと思います」と笑顔で語ってくれました。

最後はお約束の記念撮影。どうです?スゴイ人数でしょう?こんなに大勢で、みんなで楽しめました。夏の大切な思い出になる、素晴らしい1日となりました。

※ウラジオストックの皆さん、素晴らしい交流会、本当にありがとうございました!!

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |