地球一周の旅を学ぶ人が集うサイト ピースボートステーション

説明会予約フリーコール ピースボートとうきょう 0120-95-3740

観光庁長官登録旅行業第617号株 式会社ジャパングレイス 一般社団法人日本旅行業協会正会員

キャンペーン概要

クイズに答えてペアで参加!夢の世界一周プレゼントキャンペーン実施中!

世界一周クルーズのピースボートがお送りするビッグキャンペーン!
ホームページ「ピースボートステーション」の簡単なクイズとメルマガ会員に登録頂いた方の中から 抽選で1組2名様に「世界一周クルーズ 17ヶ国80日間の旅」をプレゼント!
夢だった世界一周があなたのものになるチャンス!
ぜひ奮ってご参加ください!

キャンペーン概要

地球一周クルーズプレゼントキャンペーンクイズに挑戦する!

ピースボートの船旅って?

ピースボートの船旅の魅力は、まさに十人十色、千差万別。
参加する方のご要望に合わせて、自分なりの旅のスタイルで世界一周クルーズを楽しんで頂けます。

二人でゆっくり船旅を楽しみたい!

二人でゆっくり船旅を楽しみたい!

長年の夢だった世界一周をご夫婦でゆったり過ごしたい。静かな時間を過ごしたい方にもお楽しみ頂けるゆとりの船旅もご提供しています。
もちろんたくさんの人と交流したければ、ほぼ毎日開催されているさまざまな船内企画に参加も可能。自由自在なクルーズライフ をお楽しみ頂けます。

たくさんの人と交流したい

たくさんの人と交流したい

ピースボートに参加される方の年代層は実に様々です。10代・20代の方が4割ほど、50代・60代以上の方も同じくらいの割合でいらっしゃいます。また、お一人での参加がたいへん多いことも特長のひとつです。
船という場は、地域や世代を越えて、日本ではゆっくりと話す場がないような方たちと出会い、語り合う良い機会となることでしょう。

「世界」をもっと知りたい!

「世界」をもっと知りたい!

各地の風光明媚な大自然や世界遺産を楽しむことも旅の大きな魅力ですが、ピースボートの旅ではこういった観光に加えて、現地の人々の素顔をかいま見ることのできる「交流」や「検証」といった寄港地プログラムも設けています。
学校や一般家庭、難民キャンプなど、通常のツアーでは訪れることが出来ない場所を訪問したり、NGOの活動について学んだりといったさまざまな経験が、寄港地での滞在をさらに充実したものにしてくれるはずです。

地球一周クルーズプレゼントキャンペーンクイズに挑戦する!

ピースボート体験者の声

中山雅晴さん、中山淑江さん

100日間を共にする船中の人々との出会いも魅力

初航海からの帰国後、1年以上も熱に浮かされたように旅の思い出を語る主人の話に、すごく楽しそうだなと思うようになり参加しました。
船内のスクール活動的な自主企画で着付け教室を開いたのがきっかけで、若いお嬢さんたちに着物や浴衣を着せる機会もありました。若い人達の本音を聞く機会にもなり、「今時の若い者は」などとは今後言うまい、この人達がいればこれからの日本も安心だと思うようになりました。下船後も家に泊まりに来るなど交流が続いています。(淑江さん)

飯山裕子さん

自分に素直になれる旅

就職して2年が過ぎた頃「もっと広い世界を知りたい」と地球一周クルーズに乗船しました。 アートが好きなので、世界各地のアート関係の施設をめぐるのが楽しくて、いい刺激にもなりましたね。 船内で、旅で知り合った友だちとアートイベントを企画したのもいい思い出。 たくさんの人と出会って、人と接することが楽しくなったからでしょうか。 今の仕事でお客様と向き合う姿勢も変わったように思います。

地球一周クルーズプレゼントキャンペーンクイズに挑戦する!

水先案内人からのメッセージ

水先案内人とは

水先案内人とは、ピースボートのコンセプトに賛同し、クルーズに同行してくれる各界の著名人の方々。
その層は、ジャーナリスト、作家、医師、漫画家、ミュージシャンなど多岐にわたっています。

鎌田實さん

鎌田實さん(諏訪中央病院名誉院長、作家)

「旅には人生を変える不思議な力がある」

ピースボートの旅はおもしろい。みんなが命、環境、平和のことを考えている。寄港地では、たんなる観光ではなく、その土地の人たちと交流をし、地球や世界のあるべき姿について話し合いながら、そこの土地のものを食べさせてもらう。他のツアーでは、絶対に味わうことのできない旅が待っている。世界の多様さを知ることができるピースボートには、温かい血が通っていると思った。

湯川れい子さん

湯川れい子さん(音楽評論家、作詞家)

「ピースボートの船旅がわたしにはピッタリ」

いつもあちこち飛び回って、地球のいろいろな所で文化の違いや貧富の差を 肌で感じているので、カジノやショーだけの船旅は性にあわないし、だいいちゴーマンだと思ってしまう。でもピースボートは違う。安い!勉強になる!退屈しない!友だちができる!若くなれる!ロマンスが生まれる...かもしれない!? これからもゼッタイに乗るからね。

高橋歩さん

高橋歩さん(自由人)

「船で自然に生まれる空気がすごく気持ちよかった」

子供たちに南極を見せよう!ってことで、2週間だったけど、家族でピースボートに乗せてもらった。88歳のおばあちゃんからうちの4歳の娘まで、プータローから大社長まで、日本人もギリシャ人もメキシカンもロシア人も...国籍も、年齢も、職業も、まったくバラバラな人々が、みんなでひとつの船に乗り、ぶつかり、混じりあいながら、自然と生まれているチャンプルーな空気が、すごく気持ちよかった。PEACE!また遊ぼうぜ。

香山リカさん

香山リカさん(精神科医)

「忙しい陸上の生活を離れた、ぜいたくな時間」

忙しい陸上の生活をひととき離れ、海上をゆらゆら。何もしなくてもいいし、誰かと話してもいいし、いろいろな講座を聴きに行ってもいい。こんなぜいたくな時間、私の人生にあったかしら!?また数週間の時間ができたら、私は迷わずピースボートに乗船したいと思う。そうだ、来年か再来年、絶対そうしよう。

地球一周クルーズプレゼントキャンペーンクイズに挑戦する!

地球一周の船旅について知りたい方は! 全国開催60都市以上

| サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款  | 個人情報について  | ピースボートセンターのご案内  |