各種問い合わせ閉じる

東北・北海道・ロシアエリア(小樽、釧路、ウラジオストックなど)

東北・北海道・ロシアエリアの魅力

モスクワまで続くシベリア鉄道の出発駅として知られるウラジオストックと、豊かな自然と伝統文化が根付く東北・北海道の地。訪れる度、新たな出会いと発見のある地です。

北の大地を味わう

青々と光り輝く洞爺湖、緑の大地と豊かな丘陵地が広がる釧路湿原、わずか43キロ先にはサハリンの島影が浮かび旅情を誘う宗谷岬―――爽やかな風が吹き、豊かな緑に花々が咲き乱れ、より一層美しい表情をみせる夏の北海道。自然の風景はもちろん、旬の海の幸をふんだんに使った鮮度抜群の海鮮料理、北海道名物のジンギスカン、搾りたての牛乳からつくったチーズやジェラートなど、山海の幸を余すことなく堪能できるのも、大きな楽しみです。北海道有数の温泉地・登別では、旅の疲れを癒す極上のひとときをどうぞ。

新たな東北、発見へ

りんごやお米などの豊かな農産物。そして、世界に誇る三陸沖は、多種多様な海産物が水揚げされる貴重な漁場です。自然の恵みを大いに受け取った食材で作り出される、東北の料理文化の多様性には、目を見張るものがあります。各所に点在する漁村には、海と向き合い質の高い漁業を営む昔からのコミュニティが続いています。また、東北地方はその職人技と伝統的および歴史的な芸術と工芸への貢献でも有名です。人びとの「くらし」とともにある東北の大地を訪れる、「新たな東北、発見の旅」に出かけましょう。

東洋と西洋が出会う街

日本から一番近いヨーロッパとして、観光地としての注目が高まっているウラジオストック。豊かな緑と海岸線の美しさから、時に「東洋のサンフランシスコ」とも称されます。モスクワやサンクトペテルブルグのような大都市とは異なり、穏やかでのんびりとした空気に包まれていて、ヨーロッパとアジアの趣が入り混じるエキゾチックで独特な雰囲気が魅力です。街を一望できる「鷲の巣展望台」をはじめ、「アンドレイ教会」や「ニコライ2世凱旋門」などを訪れれば、古き良き時代のロシアを存分に感じられるでしょう。

東北・北海道・ロシアエリアの寄港地

クルーズによって寄港しない港があります。詳しくは各クルーズのご案内をご覧ください。

TOP