各種問い合わせ閉じる

第8回ピースボートプレミアム地球一周の船旅(地中海・中南米・南太平洋コース)

旅の見どころ

5夜連続のオーロラ鑑賞チャンス

オーロラシーズンを迎えるアイスランド沖では、合計5回に及ぶ洋上からのオーロラ鑑賞チャンスが待っています。周囲に街灯のない真っ暗な海上は、360度を見渡せるためどの方向にオーロラが出現しても大丈夫。暖かな船内でオーロラ出現を待つこともでき、鑑賞に最適です。天空に舞う光のファンタジーが、時を忘れ、私たちを楽しませてくれます。夜空に気まぐれに現れる光のヴェールに包まれる神秘的な体験は忘れられない思い出となるでしょう。 ※オーロラは自然現象のため、気象条件などにより観測いただけない場合がございます。

謎の空中都市・マチュピチュ遺跡

ペルーでは大人気のマチュピチュ遺跡を訪れます。山裾からその存在を確認できないことから”空中都市”とも呼ばれ、切り立った山に見守られるように佇む、美しく神秘的な矩形が胸に刻まれます。かつてインカ帝国の都として栄え、当時の趣を残す美しい街並みが広がるクスコも見逃せません。マチュピチュ遺跡とともに世界遺産にも登録されており、ロマンあふれる圧巻の風景が世界中の旅人を魅了します。ペルーでは、そのほかにも、ピースボートの長年の寄港の中でできたつながりでつくる交流プログラムも人気です。

中世の世界へいざなうアドリア海

スエズ運河を抜け、ギリシャを後にし、一路アドリア海へ。イタリア半島とバルカン半島に挟まれたこの地域には、中世の面影を残す世界遺産の街並みが広がります。 アルバニア・ドゥレスからは、「千の窓の町」と呼ばれるペラトを訪れます。オスマン帝国時代のアルバニア特有の美しい景観が望めます。続いて寄港するのは「アドリア海の真珠」と称される城塞都市ドブロブニク。紺碧の海と堅牢な城壁に囲まれた街並みを気ままに歩けば、千年の歴史が垣間見えます。最後に訪れるのはモンテネグロのコトル。急峻な山々と静かな海に守られた美しい古都です。旧市街とフィヨルドの湾を一望できる絶景から、毎回満足度の高い寄港地です。

TOP