各種問い合わせ各種問い合わせ
[無料] 資料請求 [無料] 船旅説明会に参加
お電話でのお問い合わせ
0120-95-3740
0120-95-3740
9:00〜18:00 年中無休

世界一の大海に流れる豊かな時間

Pacific World

地球一周の船旅やピースボートについて、詳しい資料(パンフレット)をお送りします。

資料請求無料

全国各地で船旅の説明会を行っています。船内の様子や訪れる国々、旅のお手続きなどをご案内します。

船旅説明会に参加無料

世界一の大海に流れる豊かな時間

イースター島やタヒチ、ハワイ諸島などの個性豊かな島々と、広大な海からなる太平洋地域。この果てしない大洋をめぐるクルージングは、地球の雄大さが体感できるひとときでもあります。海好きが高じ、大学卒業後にクルーズ客船の写真師としておよそ3年間にわたって世界各地をまわった経験のある写真家の水本俊也さんに、太平洋の魅力を伺いました。

水本俊也(写真家)
鳥取県出身、横浜市在住。学生時代にヨット部に在籍、海をこよなく愛す。客船写真師を経て、フリーの写真家となる。2004年よりピースボートクルーズに乗船し、世界各国で撮影を続けている。日本写真家協会会員(JPS)。

太平洋をクルーズでゆく醍醐味

地球表面の約3分の1を占める太平洋は、地球上でもっとも広い海で、オーストラリアやニュージーランド、たくさんの島々があるにしても、そのエリアのほとんどは陸地ではなく海面が占めています。そんな海の大きさ、あるいは地球の大きさをじかに感じられるのは、船旅ならではの豊かな体験です。空の青と海の青、視界の限り続く『青』の世界に360度包まれた広大な海をのんびりと進むひとときは、何物にも代えがたい贅沢な時間。デッキから望む大海原や青空は、どれだけ見ていても見飽きることはありません。

南太平洋地域にある「ハワイ、イースター島、ニュージーランド」を結ぶ一帯は、ポリネシア地域と呼ばれます。ポリネシアとは、ギリシャ語で「たくさんの島々」の意。1辺約8,000キロメートルの巨大な三角形の内側には、言語や芸術、伝統などを共有するひとつの文化圏が広がっています。
なかでも”絶海の孤島”イースター島は、世界一周クルーズでも人気の寄港地。船でこの地を訪れる場合、南米大陸から1週間弱、またタヒチからは8日間を要します。どこからも遠く、アクセスの方法も限られているからこそ、たどり着いたときの感動はひとしおです。

絶海の孤島に広がる絶景

イースター島といえば、島内のあちこちにたたずむモアイ像を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、独特な色合いの美しい海も大きな魅力です。イースター島は海底火山からマグマが噴出してできた火山島で、深い海底から頂上部分のみが海上に露出しているため、島の海岸線は断崖絶壁か岩場ばかりです。急激に海が深くなるため、島の周囲には、タヒチなどの海と比べて濃い、独特の群青色をした海が広がっています。また、オロンゴ岬の隣にそびえるラノ・カウ火山からの雄大な眺めも、非常にフォトジェニックです。

船旅ならではの豊かな時間

実はポリネシア地域は、私にとって思い入れのある場所。私は大学時代にヨットに打ち込んでいたのですが、そのおかげで、ピースボートで知り合った人と一緒に太平洋の海をヨットで転々とした経験があるのです。その旅では、ヨットを操りツバルとフィジーの間を往復しました。クルーズ客船とヨットでは視点の高さが異なるため、船上から見える景色も違います。ヨットは海水面が近いため、水の透明度や海の色の美しさもよりダイナミックで、その航海を通して物理的にも心理的にも太平洋を身近に感じることができました。

船旅の最大の贅沢は、船の大きさに関係なく、360度を海に囲まれているということにあると思います。もちろんクルーズで訪れる寄港地も大きな楽しみですが、私は、そこにたどり着くまでに洋上で過ごす時間も旅の醍醐味だと考えています。例えば、多くの人びとが夕焼けを見にデッキに集まって同じ景色を共有する。あるいは、満点の星を眺めながら心ゆくまで共に語らう――そんな特別な瞬間が船旅にはたくさんあります。洋上には、陸路や空路での旅にはない特別な時間が流れているのです。

私が船旅を選ぶ理由

ヨットと大型客船の双方で旅をして、どちらにもそれぞれの良さがあると改めて感じます。しかしながら、ヨットの操縦にはそれなりの技術や経験が必要であることを考えると、船旅の素晴らしさを体感するにはクルーズ船のほうが身近な方法だといえるでしょう。
南太平洋の島々は飛行機を乗り継いで訪れるにも時間と費用がかかる上、時差も大きいため、一度にいくつもの島を訪れるなら船旅が最適です。ゆっくりと時間をかけて太平洋を旅するという経験は、広大な海域をひとつの文化圏として捉える新たな視点を得ることができる、楽しみにあふれた旅となることでしょう。

この記事を見ている方におすすめの2023年クルーズ

北極航路 ヨーロッパ&中米コース

奇跡の瞬間、金環皆既日食観測と遥かなる極北の地へ。太陽と月がみかけ上ほぼぴったりと同じ大きさのときにだけ起こる天体ショー、金環皆既日食を観測した後、夏の極地の神秘・白夜の日々の中、美しい自然が息づく極北の地を訪れる特別な船旅です。

北中米&ヨーロッパコース

オーロラシーズンのアイスランド、紅葉シーズンのカナダ・メープル街道。地球が織り成す色彩美の世界にふれる、この季節だからこその世界一周クルーズ。地球を東回りでまわることで、それぞれのシーズンに船の寄港を合わせています。

carnival-riov116

南太平洋・南米・アフリカコース

冬の日本を抜け出して、美しき南半球へ。野生動物との出会い、壮大な大地、憧れの南国リゾート、そして世界の美食を堪能します。旅のハイライトは、リオのカーニバル開催中のブラジルへの寄港。南米最大の夏の祭典に期待が高まります。

TOP