各種問い合わせ閉じる

クルーズコレクション

世代を超えて、ともに船で地球をめぐる旅へ

2020年4月28日

クルーズライフ -Cruise Life-

子どもたちと一緒に旅をする空間は、ときに周囲の大人たちにも新鮮な驚きと発見を与えてくれます。差別心や固定概念のない早い時期の子どもたちは、まっさらな瞳で世界を見つめ、好奇心の赴くままにあらゆる垣根を飛び越えてゆく存在です。心から感動できる体験を大人と子どもが共に重ねることは、本質的な豊かさを体現しているに違いありません。 大人だけではなく子どもたちが船旅を共にしているというのは、他のクルーズにはないピースボーとクルーズならではの大きな特色です。子どもと一緒に世界一周の旅する――。そこには、こんな日々が待っています。

文・構成/編集部 写真/水本俊也

「いってきます」と「ただいま」のある船旅

小さな子どもを連れて、訪れる土地の数だけ飛行機やホテルを手配したり、大きなスーツケースを持って移動するのは大変なことです。その点、レストランも部屋もすべて含まれていて、寄港地へと連れて行ってくれる船旅は安心です。クルーズといえば、夫婦やカップルで楽しむものというイメージのお持ちの方も多いかもしれませんが、最近ではファミリー層での参加も増えています。 「いってきます」と「ただいま」の安心感を携えて世界のあちこちをめぐるクルーズは、日常と地続きのリラックスした旅のスタイルだといえます。

Ⓒ PEACEBOAT
和やかでアットホームな雰囲気が生まれる空間

子どもたちのいる船内の空間はとってもアットホーム。さまざまな国や地域から幅広い年齢層の乗客が集う船内は、子どもにとっては興味津々の空間です。船内には、モンテッソーリ教育を取り入れた洋上の保育園もあります。広い空間で伸び伸びと個性を育む子どもたちは、地球一周の旅をともに過ごすことで兄弟姉妹のような関係になります。 また、船内のフリースペースでは、シニアの方が折り紙を作っていたり、若者が子どもと一緒に遊んでいたりと、いつの間にか子どもを中心に世代を超えた輪ができあがります。

Ⓒ Yuruki Shiho

自然と参加者みんなで一緒に子どもの成長を見守る意識が育まれ、船内の雰囲気がとっても優しくなっていることに気づきます。船内には、趣味や特技を子どもたちと一緒に楽しむ機会もたくさん。子どもたちも興味津々です。船旅を共にしながら、子どもたちのしなやかな感性や曇りない眼差しにふれれば、私たちの目に映る情景もまた新鮮な輝きを放ちます。360度を青い海に囲まれた船の上は、大人も子どもも関係なくおおいに好奇心を刺激してくれる空間であることに、あらためて気づきます。

子どもでも、地球一周の経験は一生もの

小さな頃に世界を旅しても、その経験は記憶に残らないのではないか…と思われる方もいらっしゃるかもしれません。確かに「記憶」という意味では、訪問した街の名前や、そこにどうやって行ったかなどは忘れてしまうかもしれません。しかし、体験した感覚的な印象は一生もの。差別心や固定概念のない幼少期に、異なる皮膚の色、違う言語や食べ物、見たことのない動植物、壮大な地形や建造物など、ありとあらゆる「違い」に出会うことは、豊かな感受性をもたらしてくれます。子どもたちは世界一周を通して、きっと数えられないほどの経験を持ち帰るはずです。

船旅は、ひとにも地球にも優しいユニバーサルなもの。子どもたちは船旅を通して、地球の美しい素顔にふれたり、世界の温かい人びとと交流したりしながら、また、周囲の大人が異文化に感動する姿を見て、多様性のメッセージを吸収していきます。訪れる寄港地に暮らす人びととの出会いも、大切な宝物。多様な文化とふれあいながら、豊かな感受性や幅広い受容力の裾野をつくります。大好きなご家族と地球をめぐるピースボートの旅は、子どもの心の中に一生涯残る贈り物となることでしょう。

洋上の保育園「ピースボート 子どもの家」

「ピースボート 子どもの家」は、親子で世界を体感したい、というたくさんの声に応えて生まれました。ゆっくりと時間が流れる洋上生活や、世界の人々と出会う交流プログラムは、子どもたちにも特別な日々となるはずです。「ピースボート 子どもの家」の主役は、あくまで子どもたち。大人は、子どもたちの様子を見ながら必要に応じて手助けをするだけなので、子どもたち自らが成長できる空間があります。子どもたちの自主性を大切に育むため、子どもの家ではモンテッソーリ教育を採用。国際モンテッソーリ教師免許を持つ専門の保育士がクルーズに乗船しています

◆「ピースボート子どもの家」プログラムの詳細はコチラ
◆「ピースボート子どもの家」公式ページはコチラ
◆「ピースボート子どもの家」ブログはコチラ

『世界一周クルーズウォッチ』では、ピースボートクルーズの世界一周に乗船している気分で各寄港地の歩き方や船内での楽しみを味わえる、期間限定のスペシャルレポートをお届けします。 

TOP