PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

旅の見どころ 矢印アイコン01第99回クルーズ highlights 見出し 青ボーダー(大)

紺碧のアドリア海をめぐり、オーロラベルトへー 2018年9月出発・奇跡と感動に出会う地球一周

賑やかなアジアから、旅はスタート。スエズ運河を抜け、アドリア海へ進路をとります。中世の街並みが残るドブロブニクやコトルを訪れ、イベリア半島ではモトリル、ポルトを巡ります。そして船は、オーロラベルト圏内へ。キューバ、ジャマイカ、カヤオなど、見どころは最後まで尽きることはありません。2018年9月、ここにしかない世界を感じる旅が始まります。
  • 厦門〜マーレ
  • ピレウス〜パレルモ
  • モトリル〜レイキャビク
  • ニューヨーク〜ホノルル

厦門〜マーレ 白いライン入りの見出し

喧噪のアジアを抜け、多様な文化に触れる

厦門〜マーレ

  1. 厦門(中国)
  2. シンガポール
  3. マーレ(モルディブ)
  • 厦門(中国)

    厦門(中国)

    歴史上、多くの華人が世界へ旅立った「華僑のふるさと」厦門。現在も、経済特区として中国の発展を支えています。情緒ある洋館や教会の残るコロンス島も訪れたいところ。

  • シンガポール

    シンガポール

    シンボルのマーライオンで有名なこの国は、中華系、インド系、アラブ系など様々なルーツを持つ人々が暮らす多民族国家。それぞれの文化に彩られた特徴ある街並みを散策すれば、シンガポールの多彩な表情が見えてくるでしょう。

  • マーレ(モルディブ)

    マーレ(モルディブ)

    小さな珊瑚礁の島々で構成されるモルディブ。エメラルドグリーンの海と白い砂浜、水晶のように透き通ったラグーン、色とりどりの珊瑚礁の隙間を、熱帯魚が泳ぎ回る神秘的な光景に出会います。

ページ上部へ戻る

ピレウス〜パレルモ 白いライン入りの見出し

紺碧の海と、悠久の歴史を尋ねる

ピレウス〜パレルモ

  1. ピレウス(ギリシャ)
  2. コルフ島(ギリシャ)
  3. ドゥラス(アルバニア)
  4. ドブロブニク(クロアチア)
  5. コトル(モンテネグロ)
  6. パレルモ(イタリア)
  • ピレウス(ギリシャ)

    ピレウス(ギリシャ)

    数多くのクルーズ客船が停泊する、首都アテネの外港。紀元前からの長い歴史をもつアテネでは、ぜひ世界遺産のシンボル・パルテノン神殿へ。その美しい姿は、ギリシャ文明の栄華や歴史を今に伝えています。

  • コルフ島(ギリシャ)

    コルフ島(ギリシャ)

    イオニア海に浮かぶコルフ島は、水に恵まれオリーブの産地としても知られています。また中世の面影が残る旧市街では、ギリシャとヨーロッパの文化が共存する、独特な雰囲気をお楽しみいただけます。

  • ドゥラス(アルバニア)

    ドゥラス(アルバニア)

    アルバニアで2番目に人口の多い都市であるドゥラスを訪れます。円形劇場跡や城壁など、歴史的な文化遺産が残る街並みをお楽しみください。また首都ティラナを訪ね、スカンデルベク広場など、街中散策も見逃せません。

  • ドブロブニク(クロアチア)

    ドブロブニク(クロアチア)

    その美しさから「アドリア海の真珠」と呼ばれるドブロブニク。街を囲む城壁や、赤煉瓦の屋根、大理石の道など、中世の趣を色濃く残しています。この街を愛するあたたかな人びととの出会いも魅力です。

  • コトル(モンテネグロ)

    コトル(モンテネグロ)

    長く続くビーチなど、魅力的な観光資源に富んでいるモンテネグロ。アドリア海に面する街コトルでは、城壁建築の傑作ともたたえられる城壁や、長い歴史を誇る古い街並み散策も楽しみです。

  • パレルモ(イタリア)

    パレルモ(イタリア)

    古代から地中海文明の交差点だったため、異民族が交錯した独特で美しい文化がつくられました。エキゾチックな建造物が建ち並ぶ異国情緒溢れる街並みから、パレルモのたどった歴史を感じられるでしょう。

ページ上部へ戻る

モトリル〜レイキャビク 白いライン入りの見出し

今なお輝く世界遺産と、あこがれの風景に巡り会う

モトリル〜レイキャビク

  1. モトリル(スペイン)
  2. タンジェ(モロッコ)
  3. ポルト(ポルトガル)
  4. ア・コルーニャ(スペイン)
  5. リバプール(イギリス)
  6. ダブリン(アイルランド)
  7. レイキャビク(アイスランド)
  • モトリル(スペイン)

    モトリル(スペイン)

    アンダルシア州グラナダの港町。ここではぜひ「イスラム建築の最高峰」と称される世界遺産アルハンブラ宮殿へ。美しいレリーフが施された壮麗な建築群が待っています。悠久の歴史を感じる1日になるでしょう。

  • タンジェ(モロッコ)

    タンジェ(モロッコ)

    モロッコの海の玄関口として、古くから文明の交差点として多くの人で賑わうタンジェは、ジブラルタル海峡に面した港町。旧市街では庭園を訪れたり、国際都市として栄えるエキゾチックな美しい街並み散策も楽しみです。

  • ポルト(ポルトガル)

    ポルト(ポルトガル)

    1996年「ポルト歴史地区」として世界遺産に登録された旧市街地。エンリケ航海王子が道を開き大航海の成功により造られた建築群や、白壁にオレンジ屋根の家々の美しい風景など、魅力溢れる港町をお楽しみください。

  • ア・コルーニャ(スペイン)

    ア・コルーニャ(スペイン)

    スペイン北部ガリシア地方に位置するア・コルーニャは、おいしいシーフードが楽しめる街。中世から多くの巡礼者を集め、エルサレム、ローマと並ぶキリスト教三大聖地のサンティアゴ・デ・コンポステーラなどを訪れることができます。

  • リバプール(イギリス)

    リバプール(イギリス)

    かつては北アメリカや西インド諸島との交易で栄え、現在は博物館や美術館などが多く存在する文化都市。ザ・ビートルズの出身地として知られており、多くの観光客で賑わっています。ビートルズゆかりの地を巡るのも楽しみです。

  • ダブリン(アイルランド)

    ダブリン(アイルランド)

    ヨーロッパ最南端に位置するアイルランド。人口の四分の一が暮らすダブリンでは、アイルランド最大の教会聖パトリック大聖堂や、約800年ものあいだ、砦として使われたマラハイド城など歴史と伝統、文化と芸術に触れることができます。

  • レイキャビク(アイスランド)

    レイキャビク(アイスランド)

    地熱と水力で全電力をまかなう自然エネルギー先進国。地熱発電所に併設された世界最大の露天温泉・ブルーラグーンや、「黄金の滝」と称されるグトルフォス訪問も楽しみです。

ページ上部へ戻る

ニューヨーク〜ホノルル 白いライン入りの見出し

豊かな大自然と、息をのむ絶景に出会う

ニューヨーク〜ホノルル

  1. ニューヨーク(米国)
  2. ハバナ(キューバ)
  3. モンテゴベイ(ジャマイカ)
  4. クリストバル(パナマ)
  5. カヤオ(ペルー)
  6. プエルトケツァル(グアテマラ)
  7. マンサニージョ(メキシコ)
  8. ホノルル(ハワイイ)
  • ニューヨーク(米国)

    ニューヨーク(米国)

    世界の文化や経済、流行の中心地として躍動する街。時に「世界で最もエキサイティング」と称されることも頷けます。自由の女神とマンハッタンが迎える、屈指の入港シーンにもご注目ください。

  • ハバナ(キューバ)

    ハバナ(キューバ)

    文豪ヘミングウェイも愛した異国情緒あふれる港町。世界遺産にも登録された旧市街を散策し、ラム酒を片手にサルサのリズムに身を委ねる----そんな体験もキューバならでは。

  • モンテゴベイ(ジャマイカ)

    モンテゴベイ(ジャマイカ)

    カリブ海の島国ジャマイカでも屈指の景観を誇る港町。エメラルドブルーに輝く海へボートで繰り出せば、この土地が古来「木と水の大地」と呼ばれたことも頷けます。

  • クリストバル(パナマ)

    クリストバル(パナマ)

    太平洋とカリブ海をつなぐパナマ運河の"カリブ海側"入り口。固有の動植物が暮らす豊かな熱帯雨林をめぐるエコ・ツアーがお楽しみいただけます。また、先住民族の色鮮やかな文化をたずねる交流プログラムも人気です。

  • カヤオ(ペルー)

    カヤオ(ペルー)

    インカ帝国の中心として栄えたクスコや、謎の空中都市・マチュピチュ、コロニアル様式の建物が並ぶ首都・リマなど数々の見どころを持つペルー。日系の人々との交流も楽しみです。

  • プエルトケツァル(グアテマラ)

    プエルトケツァル(グアテマラ)

    世界遺産ティカルに代表される、マヤの遺跡群で知られる土地。近郊の、世界遺産の都市遺跡アンティグアもお楽しみいただけます。ウィピルと呼ばれる民族衣装をまとった、マヤの末えいの人々との出会いも魅力です。

  • マンサニージョ(メキシコ)

    マンサニージョ(メキシコ)

    美しい海岸風景から「太平洋のエメラルド」と呼ばれるマンサニージョ。多くのクルーズ客船が訪れる、メキシコ屈指のリゾート地でもあります。新鮮な魚介類を使ったセビーチェなど、メキシコ料理もぜひご堪能ください。

  • ホノルル(ハワイイ)

    クリストバル(パナマ)

    透明な海と緑美しい山々の稜線----その景観に触れれば先住民族の人々がここを「護られた入江(ホノルル)」と呼んだことも頷けます。南太平洋ならではの、ポリネシア文化体験も楽しみです。

ページ上部へ戻る

PHOTO:PEACE BOAT, Kajiura Takashi, Kameda Ulala, Nakamura Mitsutoshi, shutterstock, Alexi TAUZIN, Delphotostock, nataliakabliuk, tomas del amo, SeanPavonePhoto

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款  | 個人情報について  | ピースボートセンターのご案内  |