PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

インフォメーション 矢印アイコン01第102回クルーズ information 見出し 青ボーダー(大)

  • 2019.05.27

    旅のお知らせ  【102回クルーズ】ピース・フィロソフィー・センター代表の乗松聡子さんが乗船します

    画像

    歴史認識・戦争責任・人権・米軍基地・核問題などの分野で執筆・講演・教育活動を行う乗松聡子さんが、水先案内人として乗船します。現在はカナダ・バンクーバーに在住で、カナダでの生活も長い乗松さん。カナダ社会と比較しながら、今日本が抱える問題についてにお話しいただく予定です。

    ◆乗松聡子さん
    ピース・フィロソフィー・センター代表、『アジア太平洋ジャーナル:ジャパンフォーカス』エディター

    東京生まれ。高校時代の留学含め、カナダ西海岸に通算24年在住。ブリティッシュコロンビア大学経営学修士。ガバン・マコーマックとの共著に『沖縄の〈怒〉日米への抵抗』(法律文化社)、オリバー・ストーン、ピーター・カズニックとの共著『よし、戦争について話をしよう。戦争の本質について話をしようじゃないか!』(金曜日)、編著に『沖縄は孤立していない 世界から沖縄への声、声、声』(金曜日)など。『琉球新報』に「乗松聡子の眼」コラムシリーズを連載。

  • 2019.05.27

    旅のお知らせ  【102回クルーズ】元日本ユネスコ協会連盟事務局長の吉岡淳さんが乗船します

    画像

    この地球上に存在する1000を超える世界遺産の中で300カ所以上の場所に実際に訪れた経験を持つ、元日本ユネスコ協会連盟事務局長の吉岡淳さん。船内では世界遺産を通して地球46億年の歴史と人類文明のお話だけでなく、世界遺産に関わる中で気づいた地域との「つながり」の大切にした生き方、コミュニティビジネスとしてのスローカフェの作り方などについても、お話しいただきます。

    ◆吉岡淳さん
    元日本ユネスコ協会連盟事務局長、NHK文化センター世界遺産講師、カフェスロー代表、カフェローカル代表、ナマケモノ倶楽部世話人

    日本ユネスコ協会連盟の元事務局長として、30年に渡り世界遺産の保護や広報活動に携わる。南米エクアドルで先住民の生き方に触れたことをきっかけに、地域でできる地球に優しいライフスタイルを提案するオーガニック料理の店「カフェスロー」を2001年に設立。2018年には、地域社会の魅力を深め、市民の憩いの場となる「カフェローカル」をオープンし、新しい文化を発信し続けている。著書に『しあわせcafeのレシピ~カフェスローものがたり』(自然食通信社)など多数。

  • 2019.05.20

    旅のお知らせ  【102回クルーズ】二胡弾きのシンガーソングライター、里地帰さんが乗船します

    画像

    ご自身の活動以外にも、アーティストのライブでのサポート演奏、他楽器とのコラボレーション、ミュージカル出演、日台・日中友好イベントやメディア出演など幅広い活動を行っている里地帰さん。彼の奏でる二胡の音は、ジャンルや属性にとらわれない自由な音。さまざまな文化をもつ方々が乗るこの船を表すかのような音色が、心地よい空間を作り上げます。柔らかな二胡の音色と透き通る歌声にご期待ください。

    ◆里地帰さん
    二胡弾きのシンガーソングライター

    アジアの伝統楽器「二胡」を弾きながら歌う「二胡弾き語り」スタイルを独自に確立。 国際文化交流をはじめ、毎月のように日本と台湾を往来しながら、アジアを繋ぐ架け橋アーティストとして活動している。また、日本の木材と和紙を素材として使用している和風の二胡「和胡」の発案や開発(制作者:西野和宏氏)、二胡の演奏体験・楽器制作体験会開催や二胡教室の主宰など二胡の普及にも力を注ぐ。

  • 2019.05.16

    旅のお知らせ  【102回クルーズ】ハワイ州観光局ハワイスペシャリストのタク・ワダさんが乗船します

    画像

    11年前にカリフォルニアからハワイ島に移住後、ハワイ島の魅力を伝えるツアー会社「ワイワイツアー」を設立。「ワイワイ」は、ハワイ語で「豊かな、きれいな水」を意味し、「ハワイの歴史と文化の紹介」「日系人の歴史を紹介」することを理念するツアーは毎回大好評です。今回そんなハワイの魅力をご紹介いただくだけでなく、ご自身の特技であるハワイの古代からの楽器オヘハノイプ(鼻笛)を披露していただく予定です。

    ◆タク ワダさん
    ハワイ州観光局ハワイスペシャリスト、ワイワイツアー社長

    東京生まれ。19歳でハワイに渡り、ハワイ大学卒業後、カルフォルニアに移住。ハイテック企業に30年務めた後、2008年にハワイ島に移住、ツアー会社を立ち上げる。ハワイ州観光局のハワイスペシャリストとして、ハワイ文化や日系移民の歴史をはじめ、あまり知られていないハワイ王国の最期、米国の野望、ダニエル井上氏の逸話などを紹介している。ハワイ火山国立公園の認定ガイド。著書に、『世界三大パワースポット:ハワイ島編 癒しのパワースポット ヒロ市』(Kindle版)。

  • 2019.05.15

    旅のお知らせ  【102回クルーズ】社会起業家のデニス・チアさんが乗船します

    画像

    旅行と言語が大好きで、来日して4年間で47都道府県を訪れ、英語・日本語・中文を操るマルチリンガル。通訳・翻訳の仕事を多数経験。教育関係者、職人、政治家、起業家、デザイナー、芸能界等幅広い人脈を持ちます。また東日本大震災時、宮城・石巻でのボランティアをきっかけに、現在は在日留学生を地方へ体験型学習プログラムとして派遣する「地方創生パートナーズ」を実施中。まちづくりにおいて、留学生という「新しい関係人口」の構築を目指しています。

    ◆デニス・チアさん
    社会起業家

    シンガポール出身。2008年来日。2017年、株式会社BOUNDLESSを設立。地域の魅力を再発掘すると同時に、少子高齢化が進む日本の各地域が直面している課題解決に励んでいる。自身の人脈を活かし、日本に住んでいる外国人や国際的な背景を持つ日本人とともに、新しいコミュニティ構築に力を注ぐ。日本で得た知識や経験を活かし、世界にも通用する持続可能な社会作りに貢献することを目標に活動している。

ページ上部へ戻る

  • 2019.05.13

    旅のお知らせ  【102回クルーズ】自然活動家の高野孝子さんが乗船します

    画像

    1995年に日本の女性冒険家として、他冒険家5名とロシアからカナダまでの北極海を、世界で初めて無動力(スキー・犬ぞり・カヌー)の極点横断達成。そのほか、地球上各地での自らの遠征や少数民族との旅の経験を踏まえ、体験からの学びを重視し、「地域に根ざした教育」の重要性を提唱しています。国内外での「冒険」から学んだ持続可能な社会作りとは。そのヒントがつまった高野さんの講演をお楽しみに!

    ◆高野 孝子さん
    自然活動家、NPO法人エコプラス代表理事、早稲田大学教授、立教大学客員教授

    野外・環境・持続可能性教育、分野横断的な環境学を専門とする。90年代初めから「人と自然と異文化」をテーマに、地球規模の環境・野外教育プロジェクトの企画運営に取り組む。社会貢献活動に献身する女性7名に向けた「オメガアワード2002」を緒方貞子さんや吉永さゆりさんらと共に受賞。2016年春期早稲田大学ティーチングアワード受賞、2017年ジャパンアウトドアリーダーズアワード(JOLA)特別賞。環境ドキュメンタリー映画「地球交響曲第7番」に出演。著書に「野外で変わる子どもたち」(情報センター出版局)ほか多数。

  • 2019.02.12

    旅のお知らせ  【102回クルーズ】ジャーナリスト、元共同通信記者の伊高浩昭さんが乗船します

    画像

    ジャーナリストで元共同通信記者の伊高浩昭さんが乗船します。伊高さんは1967年から50年間、ラテンアメリカ(ラ米)やイベリア半島、南部アフリカ、沖縄など、世界各地を取材してきました。日本人記者としてもっとも長くラ米報道に携わり、幅広い分野に精通している伊高さんの講座、ご期待ください。

    ◆伊高浩昭さん
    ジャーナリスト、元共同通信記者

    著書に、「チェ・ゲバラ~旅、キューバ革命、ボリビア」(中央公論新書)、 「ラ米取材帖」(ラティーナ)、「キューバと米国」(近刊)など。訳書に、「ウーゴ・チャベス~ベネズエラ革命の内幕」(岩波書店)、「フィデル・カストロ~みずから語る革命家人生」(岩波書店)など

  • 2019.02.03

    旅のお知らせ  【102回クルーズ】国際モンテッソーリ協会公認教師の深津高子さんが乗船します

    画像

    「ピースボート子どもの家」のアドバイザーであり、国際モンテッソーリ協会公認教師の深津高子さんにご乗船いただきます。「手の平和利用」や「五感と民主主義」などのテ―マで、船内企画を行っていただく予定です。

    ◆深津高子さん
    ピースボート「洋上子どもの家」アドバイザー 、国際モンテッソーリ協会公認教師、一般社団法人「AMI友の会NIPPON」副代表

    1980年代、陸路やメコン河を越えてタイに流入してくるインドシナ難民への緊急救援に関わる。「なぜ難民がでるのか」「どうすれば戦争がなくなるのか」と自問中、難民キャンプ内のある保育所で「平和は子どもから始まる」という答えに出会う。帰国後、幼児教育の勉強を経てモンテッソーリ幼稚園に勤務。現在はフリーの保育アドバイザーとしてモンテッソーリ教師養成コース・講演会の通訳、モンテッソーリ著書の翻訳、カフェでの子育てトーク「モンテッソーリ@ホーム」などを通して「子どもから始まる平和」を広めている。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |