PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第69回クルーズレポート

第69回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

カンボジア地雷問題検証ツアー

厦門(中国)から船を一時離脱し一路カンボジアへ。カンボジアが抱える「地雷問題」ついて学ぶ検証ツアーに参加したメンバーが、オセアニック号に帰船し、ツアーの様子を報告しました。こちらの写真は、カンボジアで地雷除去を行っている機関「CMAC(Cambodia Mine Abolition Center)」の皆さんによるレクチャーの様子。この後、訪れる「地雷原」での注意事項などが説明されます。何重もの安全確認を行った上で訪れるとはいえ、決して安全な場所ではありません。レクチャーはピンと張り詰めた緊張の中、行われます。

地雷除去のデモンストレーションを見学。細かく目印を付けながら、丹念に地面を金属探知機で撫で、金属反応があれば、小さなシャベルや刷毛(!!)を使って地面を掘り、一つ一つ地雷を探します。炎天下で繰り返される、危険と隣り合わせの単純作業――地雷が戦後復興にどれほどの妨げになるか、現場を見て痛感した参加者も多かったよう。

実際に見つかったという不発弾も見学させていただきました。カンボジアには、地雷だけでなく、こうした不発弾も多く残っていると言います。見つかった不発弾は、再利用防止のために爆破処理をします。この処理現場の見学で聞いたのは、唖然とするほどの衝撃音。これほどの破壊力のあるものが使われるのが戦争で、そして戦後も生活圏のすぐそばにそれが存在する現実……。ツアー参加者の一人は「カンボジアの人々は、私たちと同じ人間なのに危険と隣り合わせの別世界に住んでいる。そのことがショックだった」と言います。今後、洋上ではツアー参加メンバーによる報告会や、地雷除去支援へのキャンペーン展開が予定されています。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |