PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第69回クルーズレポート

第69回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

サファガ(エジプト)寄港 ~ルクソール遺跡~

オセアニック号は、紅海に面したエジプトの港町・サファガに寄港しました。ここから向かうのは、エジプトが誇る世界遺産ルクソール遺跡です。車窓から見えるのは沙漠、そしてアラビア語の道路標識。この景色だけでも何だかワクワクしてしまいます。

すれ違う車ですら物珍しくて、思わず1枚。ガイドさんに聞いたところ、積み荷は「サトウキビ」とのこと。エジプトの主要な産業のひとつなんだとか。ここでは当たり前の景色なんでしょうが、それすら楽しい。これも旅の一興ですよね。

遺跡群に到着。まずはカルナック神殿から。歴代の王・ファラオが、信仰する神に捧げるために、神殿やオリベスクを建てたんだそう。しかし、この大きさ、この精巧さ、数千年前にこれほどの建造物を造っていたことに、ただただ驚くばかりです。

神殿内のいたるところに、こうした象形文字が。こうした「文字」の文化が肌で感じられることも、考えてみれば不思議です。それにしても、文字とはいえ、本当にキレイ。古代エジプト人の美的感覚まで感じられるかのようです。

いよいよカルナック神殿の大列柱室へ。ルクソールと言えば、写真でも映像でも必ず登場するこの場所。実物を前に改めて大感動!!

同じく大列柱室。夜にはこんなライトアップがなされ、昼間とはまたひと味違った幻想的な雰囲気に。かつての人々は、月明かりの中、この景色を見たのかもしれませんね。 ルクソール・レポートは明日も続きます。乞うご期待!

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |