地球一周の旅を学ぶ人が集うサイト ピースボートステーション

説明会予約フリーコール ピースボートとうきょう 0120-95-3740

観光庁長官登録旅行業第617号株 式会社ジャパングレイス 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第86回クルーズレポート

第86回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

第86回ピースボート「地球一周の船旅」出航!

横浜港大さん橋国際客船ターミナル

2014年11月21日

まもなく、第86回ピースボート「地球一周の船旅」が出航!! 横浜港は、この日を祝うかのような、雲一つ無い素晴らしい晴天に恵まれました。

こちらが、今回のクルーズの舞台となり、旅のあいだの「我が家」となるオーシャンドリーム号。

集合場所の大さん橋国際客船ターミナルには大きなクリスマスツリーが。もぅ、そんな時期なんですねぇ...(ってちょっと気が早くないですか??)。まもなく横浜港を出航し、約100日間で南半球をめぐる今回の地球一周クルーズ。日本が冬の時期だから、真夏の南半球へ――。そして、クリスマス、大晦日、洋上カウントダウン、お正月...とイベント満載のクルーズでもあります。夏のクリスマス、船から見る初日の出(見られるといいなぁ...)――忘れられない体験になりそう!!

参加者の皆さんの乗船手続きも完了し、岸壁にはお見送りの皆さんも集まってきました。この後、12:30より出航式が行われ、船は13時過ぎに出航の予定です。

引き続き岸壁より。お見送りの皆さん、ぞくぞくと集まってきました。そして船のデッキにも、たくさんの参加者。

ずいぶん賑やかになってきました。「○○さーん」「あっ、いたいたっ! △△ちゃん、こっちこっちー!!」「手紙送るねー」「お土産ヨロシク~!!」船と岸壁の間では、こんなやりとりがあちこちでかわされています。

こちらは...ぐんまちゃん!?
こんな可愛らしい段幕を準備してお見送りに来られたんですね。これなら船からでも見つけやすい。ナイス、アイディアです。

横浜港、どんどん賑やかになってきています。デッキにもたくさんの参加者が集まっています。(この写真で見えるでしょうか?)

デッキから紙テープ!! 船の出航セレモニーには欠かせないもの。岸壁からも「わぁっ!」と歓声があがります。紙テープ、欲しいっ!持ちたいっ!!

風に舞い、青空に映える五色の紙テープ。本当に美しい出航になりました。
ちなみにこの紙テープ投げがけっこう難しくて、デッキから岸壁まで届かないこともしばしば。勢い余って紙テープの端を離してしまい、テープが丸ごと飛んで(!!)くることも。それだけに、しっかりデッキとしっかり繋がったテープを握れると、何だか嬉しくなっちゃいます。紙テープの反対側、「お相手」は見ず知らずの方なのですが、それでも嬉しいんです。

南京玉すだれでお見送り!? こんなシーンも、ピースボートならでは。(...なんでしょうか?(笑))

船が動き始めました!! ゆっくり...ゆっくりと、船と岸壁の間が広がっていきます。大きく手を振って「行ってらっしゃ~い!!」船からも、参加者が声を合わせて「行ってきま~す!!」と返ってきます。まだこんな近くにいるのに...でも、ゆっくり、ゆっくりと船は動いています。

みるみる、船と岸壁の間が広がっていきます。「行ってきます!!」「行ってらっしゃい!!」まだまだ、声を合わせれば十分届く距離。船の出航って何ともドラマチック...。

埠頭の先まで進んだところで、船はぐぐっと方向転換。舳先をベイブリッジの方――大海原へと向けます。船が再びこの港に戻ってくるのは来年3月。しばしのお別れです。

南半球をゆく地球一周の船旅。105日間の大冒険が始まります。

ページ上部へ戻る

地球一周の船旅について知りたい方は! 全国開催60都市以上

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款  | 個人情報について  | ピースボートセンターのご案内  |