地球一周の旅を学ぶ人が集うサイト ピースボートステーション

説明会予約フリーコール ピースボートとうきょう 0120-95-3740

観光庁長官登録旅行業第617号株 式会社ジャパングレイス 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第88回クルーズレポート

第88回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

Party of All Nations-世界と乾杯!-

ブロードウェイラウンジ

2015年08月22日

先日の出航式のレポートでもお伝えしたように、今クルーズには世界YMCAから、60ヶ国・150名もの若者たちが乗船しています。毎クルーズ、たいへん多彩な参加者が集うピースボートですが、今回は「ピースボート史上・もっとも多国籍&多文化」と言ってもいいでしょう。そこで行われたのがこの企画「Party of All Nations」、YMCAメンバーの紹介企画です。皆さん、母国の民族衣装をまといステージへ。これが、色鮮やかで艶やかで、美しく、楽しかったの何のって――レポートではとてもお伝えしきれないのが本当に残念なくらい。写真は、インドとスリランカから参加の皆さん。日本でもお馴染みのサリーと、男性が来ているのは、もう少しカジュアルな「パンジャビ」と呼ばれる衣装です。

見事なコサックダンスまで!! こちらはウクライナから参加の皆さん。これには会場も大盛り上がりです。まさかこのクルーズでウクライナの皆さんと出会えるなんて、コサックダンスが見られるなんて、思いもしなかったこと。

60ヶ国もの皆さんが集まれば、中には、苛酷な歴史を経験していたり、また今現在、厳しい状況にあるメンバーも少なくありません。エジプト、ヨルダン、パレスチナから参加の皆さん、民族衣装や伝統柄に身を包み、母国の国旗を掲げ平和を訴えます。またやはり同様に、厳しい状況下にあるシエラレオネやニジェールからの参加者も「私たちの国のことを伝えたい、知って欲しい」と呼びかけます。
この多彩な旅に参加できることを楽しむと共に、彼らの声に耳を傾けることも忘れてはなりません。「このピースボートの経験を持ち帰り、平和へと繋げたい」そう語るYMCAメンバーの皆さん。この度は、彼ら・彼女らと共に平和と共生を考える、大切な機会となりそう。今後の企画に注目です。

ページ上部へ戻る

地球一周の船旅について知りたい方は! 全国開催60都市以上

| サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款  | 個人情報について  | ピースボートセンターのご案内  |