PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第93回クルーズレポート

第93回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

南極遊覧

2017年02月03日

20170203_na01.jpgすばらしい景色とたくさんの動物たちとの出会いから始まった南極遊覧ですが、本日は美しい朝焼けで1日がスタート。

20170203_na02.jpgこちらは、デセプション島。南極海にある、サウス・シェトランド諸島を構成する島の一つであるデセプション島は火山島で、今でもときどき噴火活動が行われているそう。南極でも火山の噴火が起こるなんて、なんだか驚きです。

20170203_na03.jpg青空の下、目の前には絶景が広がっています。青と白の世界は、本当に美しい・・・

20170203_na04.jpgそして白い氷山は、南極に来たことを実感させます。

20170203_na05.jpg大迫力の氷山の間をぬうように、ゆっくりゆっくりと進む船。

20170203_na06.jpg途中、クジラたちが姿を見せてくれました。潮を吹く姿やクジラの口。今までは背中しか見ることができなかったので、最後に口も見ることができ、デッキに集まった人たちは歓声に包まれます。群れになって泳いだりと、たくさんのクジラたちに大興奮!!

20170203_na09.jpgそして近づいてくる氷山には、ペンギンたちが。こんなに近くで氷山を見れることも大興奮でしたが、そこにペンギンが乗っていることでさらに大興奮!!よちよちと歩くペンギンたちがとても可愛らしく、終始歓声が響いていました。

20170203_na10.jpg柔らかな日差しが、白の大地を照らします。自然が生み出すアート、さまざまな氷山の形が姿を現します。

20170203_na11.jpgオレンジ色の光を浴びて、キラキラと輝く大地。言葉が出ないほどの美しさです。

20170203_na12.jpg私たちが南極にいるということ、この素晴らしい世界に身を置いていることを実感すると同時に、環境問題についても考える機会となりました。

20170203_na13.jpg今回、この大自然に出会えたのは、ここまで南極の自然を人類が守って来られたから、ということもあります。しかしその反面、捕鯨基地の史跡と言われる残骸や、各国の南極観測基地も実際に目にしました。どこの国にも属していない南極は、すべての人びとが守って行くべき場所。南極の美しさを感じることと、南極が抱える問題についても身近に感じることができました。

20170203_na14.jpg南極の素晴らしさを体験した私たちは、南極の自然の美しさを伝えるとき、その素晴らしさや今回訪れることができた喜びに加え、南極が置かれている状況についてまで伝えていくことができる存在だとあらためて感じました。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |