PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第93回クルーズレポート

第93回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

僕は見習いナチュラリスト~アフリカ肉食動物編~

加藤直邦さん(ガイド、ナチュラリスト) / ブロードウェイラウンジ

2016年12月26日

20161226_re01.jpg本日の加藤直邦さんの講座は「肉食動物」についてお話いただきました。

百獣の王・ライオンは、兄弟と複数のメス、子どもたちで形成される「プライド」と呼ばれる群れを作って生活しているそう。オスは縄張りを守り、メスは狩りをします。とはいえ、狩りはエネルギーをかなり消費するため、12時間ほどしか行わないんだそう。「獲物はまずはオスが食べ、次にメス、そして残ったものを子どもたちが食べるという流れがあります。最優先は大人が生きること。しっかり食事がとれないと、エネルギーが補給できず、次の狩りを失敗してしまいます。」そのため子どもたちは十分は食事にありつけないこともあり、20%から25%ほどしか生き残ることが出来ないそう。

続いては、ハンティングが得意なハイエナのお話です。強い顎をもつハイエナは、太い骨さえも砕いて食べることができるといいます。そこから栄養をとり、また胃が丈夫なハイエナはなんと毛や皮も消化ができるというから驚きです!!

それ以外にも、チーターやヒョウ、ヒヒについてや、サファリガイドとして遭遇したさまざまなエピソードもお話いただきました。

普段テレビや雑誌で見る動物たちが、少し身近に感じるような、そんな講座となりました。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |