各種問い合わせ閉じる

アフリカ(北部)エリア(モロッコ、エジプトなど)

アフリカ(北部)エリアの魅力

"ピラミッド"や"スフィンクス"の待つエジプトや、"青い街シャウエン"の美しさ際立つモロッコなど、その土地ごとに表情の異なるアラビア文化を体感できる寄港地を訪れます。

古の文明と出会う

ギザ高原の肥沃な大地をおよそ3000年にわたり支配したエジプト王朝。未だ謎多きその文明の軌跡を今に伝えるのは、世界三大ピラミッド――クフ王、カフラー王、メンカウラー王によって造られた巨大ピラミッド、そしてピラミッド群を背に、遥かななる時を見つめ続ける巨大な彫像スフィンクスです。紀元前5000年頃の人びとは、どのようにして、この時代を生きていたのか。遺跡は自らは語りませんが、あまりにも壮大で、ミステリアスなその姿は神々しくもあり、遥かなるロマンを想像せずにはいられません。

魅力的なアラビア文化

アラビア語で「日が没すること」という意味を持つ、マグリブはアフリカの北部に広がるアラブの情緒が漂う魅力的な地域です。クスクスやタジン鍋などの伝統的な食文化は、クミン、ターメリックなどスパイスをふんだんに使われていて、香り高く、とってもマイルド。また、偶像崇拝がタブーで、人物や動物を描くことができないイスラムでは、幾何学模様を極めたかのような複雑に入り組んだ”イスラム模様”が日常に浸透しています。さまざまな場面で出会う美しいデザインは、ついつい時間を忘れて見入ってしまいます。

アフリカ(北部)エリアの寄港地

クルーズによって寄港しない港があります。詳しくは各クルーズのご案内をご覧ください。

TOP