各種問い合わせ閉じる

南米エリア(ペルー、アルゼンチン、ブラジルなど)

南米エリアの魅力

赤道直下から冷涼なパタゴニアの台地まで、さまざまな気候がみられる南米。空中都市マチュピチュやイグアスの滝、南米最南端のフエゴ島など、無数の感動が待ち受けています。

情熱の文化にふれる

コルコバードの丘に立つキリスト像が迎える世界三大美港のひとつ、リオデジャネイロ。「リオのカーニバル」やコルコバードの丘に建つキリスト像で有名なこの街の魅力は、陽気でエネルギッシュな人びとに支えられています。また、欧州からの移民によって築かれた歴史と街並みの美しさから、「南米のパリ」と称されるブエノスアイレスも南米を代表する文化都市です。カラフルな家々が建ち並ぶボカ地区は、アルゼンチンタンゴ発祥の地。叙情的なリズムと華麗なステップさばきが美しい情熱的なダンスをお見逃しなく。

山深きインカの秘境へ

アンデス山中の奥深くにあるため、空からしか遺跡の存在を確認できないことから「空中都市」と呼ばれる、ペルーが世界に誇るインカ帝国の遺跡・マチュピチュ。世界遺産の人気ランキングでも常にベスト3にランクインしており、一生に一度は訪れてみたい世界遺産としても真っ先に名が上がります。遺跡では、暮らしに取り込まれた自然の摂理や、それを可能にしたインカ帝国の卓越した技術を随所に見ることができます。曲がりくねった山道を登った先に広がる幻想的な風景は、一生忘れられない思い出となるでしょう。

壮大な自然に息をのむ

かつてマゼランがこの地を訪れた際に、先住民族の焚く火の灯りを見たことに由来する「フエゴ島(火の島)」。その南端に位置するウシュアイアは、南米最南端であるだけでなく、世界最南端の街として知られています。この土地の魅力は、氷河のつくり出した雄大なパタゴニアの風景です。針のよう鋭くそびえる山々、静けさの中に轟音を響かせ崩れ落ちる氷河、氷河から溶け出した水が流れ込む河川。およそ110万平方キロメートルにも及ぶ広大なパタゴニア地域には、私たちがまだ見ぬ地球の美しき姿が広がっています。

南米エリアの寄港地

クルーズによって寄港しない港があります。詳しくは各クルーズのご案内をご覧ください。

TOP