各種問い合わせ閉じる

船内の1日・イベント

船内での一日の過ごし方

ピースボートの船内生活は人それぞれ。欧米では昔から定着している船旅のスタイルも、バカンス日数の短い日本人にはまだまだ慣れないもの。生活リズムをどうするか、どんな企画に参加するかで、ピースボートクルーズの楽しみ方は自由自在です。ここでは、お二人の参加者のある一日を例にとって紹介します。

山口敏夫さん(62歳/男性)のある一日

6:30起床
7:00-7:30太極拳に参加
7:30-8:30レストランで朝食
9:40-11:00GET(英会話レッスン)少人数クラスの授業
11:15-12:20デッキをウオーキングしてから、トレーニングジムで汗を流す
12:30-13:30海を見ながらデッキでランチ
14:00-05:30食後はのんびりして、または友人に宛てた絵はがきを書く
16:00-17:10水先案内人の講座を聴く
17:30-18:30レストランにて夕食
19:00-19:50インターネットで日本のニュースをチェック
20:30-21:45オーケストラのコンサートを聴く
22:00-23:10バーで友人たちとお酒を楽しむ
23:30就寝
工藤ひとみさん(23歳/女性)のある一日

8:00起床
8:30-9:10海を見ながらのんびり朝食
9:30-10:30カルチャースクール「ヨガ教室」に参加
11:00-11:30自主企画「メイクアップ教室」に参加
12:00-13:00友人とランチ
14:00-15:10水先案内人の講座を聴く
15:10-16:30お部屋でのんびり
17:00-19:30洋上ファッションショーのリハーサル
19:30-20:30レストランにて夕食
20:30-22:15洋上ファッションショーに出演
22:45-24:45洋上居酒屋「波へい」で打ち上げ
25:00就寝

クルーズライフ

ピースボートの船内では、毎日たくさんのイベントが催されています。その数もさることながら、バラエティに富んだその内容にはどの企画に参加するか迷ってしまうほど。ここでは、そういった船内イベントの魅力をご紹介します。

エンターテイメントを「楽しむ」

洋上では日々バラエティ豊かなイベントが数多く催されます。船長主催のウェルカムパーティーやダンスパーティーなど客船ならではのイベントはもちろん、クリスマスパーティや夏祭りなど季節に因んだ行事も洋上で楽しめます。また、民族衣装ファッションショー、アラビックナイトなど寄港地をテーマにしたものや、ジャグリングのパフォーマンス、落語家による独演会といったエンターティナーによるショーも好評です。

地球を舞台に世界を「学ぶ」

国内外の各分野の専門家が、「水先案内人」となって、これから訪れる地の歴史や文化、社会問題などをわかりやすく、かつ深く語ってもらえる洋上講座は人気の企画です。憧れの世界遺産についても詳しくなることができるはず。コンサートやワークショップが行われたり、ときには写真教室や文章講座など、プロの技が学べるチャンスもあります。世界各地からやってくる人びととの出会いを、有意義な学びの時間にしてみましょう。

カルチャースクールに「トライ」

毎クルーズ大好評の「洋上カルチャースクール」で新しい趣味や学びに挑戦。ゆっくりと時間が流れ、自分のリズムで生活できる船旅は、新しいコトに取り組むには理想的な環境です。内容は、クルーズによって異なりますが、社交ダンスや、囲碁、将棋、パソコン、ヨガ、ピラティス、ノルディックウォーキングなどさまざま。趣味や特技を増やしたい、お友達を増やしたい――そんな皆さんにオススメです。

グローバルイングリッシュ

せっかく海外に行くのなら英語を勉強したい!そんな方には少人数制の有料プログラムであるGET(グローバルイングリッシュトレーニング)がおすすめです。ネイティブの先生によって毎日行われるレッスンは、挨拶や日常会話など、寄港地ですぐに使える単語を中心に楽しみながら学ぶことができます。習いたての英語を使うチャンスがたくさんある地球一周だからこそ、3ヶ月のレッスンで「生きた」英語が身につきます。

詳しい資料のご請求や、各種お問い合わせ・ご相談

0120-95-3740

受付時間 9:00-18:00

携帯電話からもご利用できます
資料請求
無料

地球一周の船旅や、ピースボートについて、
詳しい資料(パンフレット)をお送りします。

説明会のご案内
無料

全国各地で船旅の説明会を行っています。
船内の様子や訪れる国々、旅のお手続きなどをご案内します。

TOP