各種問い合わせ閉じる

タスマニア

タスマニア
世界遺産
世界遺産
自然
自然
歴史と自然が共存する島へ

オーストラリア本土からさらに南に位置するハート型の島。入港するホバートは、シドニーに次いで古い街で、19世紀頃のイギリス建築が残る風情ある街並みが特色です。

雄大な自然の宝庫

氷河期にできた独特の地形と雄大な自然が魅力のタスマニア島。豊かな雨林に囲まれた土地は、時に「世界で最も空気がピュアな島」と称されます。マウントフィールド国立公園とハーツマウンテン国立公園、原生林の森が生い茂るふたつの世界遺産には、タスマニアンデビルやウォンバット、カモノハシなど、独自の進化を遂げたこの土地固有の生き物たちが暮らし、多様な生態系を育んでいます。深い緑が滴る渓谷と美しい稜線がどこまでも続く山並み、そして輝く海岸線――島に広がる豊かな景観をお楽しみください。

豊かな島に広がる文化

19世紀のコロニアル様式の建物が残る、タスマニア州の州都・ホバート。オーストラリアではシドニーに続いて2番目中でも旧市街に残るレンガ造りの倉庫群は、古き良き趣を存分に感じられるスポットです。現在ではレストランやギャラリー、劇場などにリノベーションされ、多くの人びとでにぎわっています。またタスマニア島は、ウイスキーの産地としても知られます。水や空気が澄んでいることから「世界一ピュア」と称される島で蒸留されたウイスキーの深みある味わいは、世界的に高い評価を受けています。

タスマニアの位置


地図アプリで見る
TOP