各種問い合わせ閉じる

広州

広州
自然
自然
カルチャー
カルチャー
海のシルクロードとして栄えた港町

香港から近いことから世界への窓口として古くから発展してきた広州。四季を通して豊富な水と気温があり、花が咲き乱れることから「花城」とも呼ばれています。

悠久の歴史を伝える街

広州の歴史を語る上で外せないのが、537年に建立された広州最古の建築物、「六榕寺(りくようじ)」。北宋時代ここを訪れた書道家の蘇東坡が、ここにあった美しいガジュマルを記念して「六榕」の2文字を書いたことからこの名がつきました。高さ57メートルの花塔は必見です。ほかにも、広州は見どころ盛りだくさん。シンボル的建築物である鎮海楼は、その造りと壮大さから「広州8大景勝地」のひとつとされています。ランドマークとして知られる高さ600メートルの広州塔も見逃せません。悠久の歴史とモダンな都市が交差する、趣ある寄港地です。

本場広東料理を体験

「食は広州にあり」と言われるほど、中国の四大料理として有名な広東料理。山の幸、海の幸の新鮮な食材を活かした、あっさりとした味が特徴です。飲茶の本場も、広東省です。その漢字の通り、中国茶を飲みながら「点心」を楽しむ習慣です。席に案内されたら、まずはお茶を注文。お茶を用意してもらう間に、天心を選ぶのですが、塩味のものから甘味まで、お店によっては800種類以上もあるところも!どれをいただくかよーく吟味して、さまざまな美食を楽しみたいところ。できたての点心の味は格別です。

広州の位置


地図アプリで見る
TOP