舞鶴

舞鶴
自然
自然
カルチャー
カルチャー
歴史が息づく街

京都の日本海側に位置する海の町、舞鶴。歴史や文化を感じるスポットや映画・ドラマの舞台になった場所、港町ならではの景観や自然、グルメなど、見どころ満載です。

舞鶴の風景を楽しむ

明治時代に建てられ、現在は重要文化財に指定されている赤れんが倉庫群が並ぶ「舞鶴赤れんがパーク」では、120年以上に渡る歴史を知ることができるほか、カフェやおみやげ屋さんが併設されています。ノスタルジーあふれるこの場所は、多くの映画やドラマのロケ地にもなっています。舞鶴のほぼ中心に位置する「五老岳」の頂上にそびえる高さ約50メートルの展望タワー。展望室からは、美しく広がる舞鶴湾と街が一望できます。ここからの眺めは「近畿百景第1位」に選ばれていて、その見ごたえは充分です。

歴史を今に伝える

1945年10月に、引揚第1船である雲仙丸が舞鶴に入港して以来、66万人以上の引揚者と1万6千柱の遺骨を迎え入れ、多くの喜びと悲しみのドラマが生まれた舞鶴の街。引揚の地を見下ろす丘には「引揚記念公園」が設けられ、引揚桟橋も復元されています。「引揚記念館」には、当時使用していたものや文書類など、貴重な資料が展示されています。2015年には、収蔵資料のうち570点が、ユネスコ世界記憶遺産に登録されました。

地元グルメに舌鼓

舞鶴でぜひ味わいたいのが、豊かな海の海産物です。刺身や海鮮丼、焼き物はもちろん、舞鶴かまぼこやちくわなどの練りものもおすすめ。新鮮な海の幸をぜひお楽しみください。おみやげには、れんがの模様が描かれた箱に入った「まいづる海軍ロール」や舞鶴でうまれた「海軍金曜日カレー」、舞鶴にちなみ鶴をモチーフにした和菓子などがあります。

舞鶴の位置


地図アプリで見る
TOP