各種問い合わせ閉じる

シアヌークビル

シアヌークビル
世界遺産
世界遺産
交流
交流
発見に満ちたカンボジアを旅する

カンボジアの海の玄関口。同国随一のビーチリゾートである一方、アンコール・ワットを訪れたり地雷問題について学んだりと、さまざまなカンボジアに出会える寄港地です。

密林に埋もれた寺院群

9世紀から15世紀にかけて栄華を誇ったクメール王国のアンコール王朝。密林の中にたたずむ巨大な遺跡群は、かつての繁栄を今に伝えています。特に、クメール建築の最高傑作とも称されるアンコール・ワットは、歴史的な価値はもちろんのこと均整のとれた美しい景観で知られ、世界中の旅行者を惹きつけます。他にも、その北方に位置するアンコール・トムの中心に築かれたバイヨン寺院や、ガジュマルの巨木が遺跡の至るところに絡みつくタ・プローム寺院など、見どころは尽きません。

国内随一のリゾート地

首都プノンペンから230キロメートル南西に位置する、白砂のビーチとエメラルドグリーンの海が広がる、カンボジア随一のリゾート地シアヌークビル。海沿いを中心に開発が進められ、欧米・アジアからの観光客も増加しています。アジアンリゾートの雰囲気たっぷりな白砂のビーチや、近郊に位置する「リアム国立公園」など、豊かな自然を満喫することができます。都市開発によって街並みの景観が大きく変化しつつある一方、少し歩けば庶民の素朴な暮らしも垣間見え、カンボジアの「いま」にふれられるでしょう。

地雷問題を検証する

「貧者の兵器」と呼ばれ、20世紀に世界各地の紛争で使用された地雷。カンボジアでは、1993年の内戦終結以降も地雷が深刻な被害を出し続けています。しかも被害者の多くは兵士ではなく、一般市民や子どもたち。ピースボートでは長年にわたって、首都プノンペンにあるCMAC(カンボジア地雷対策センター)本部を訪れ、地雷除去活動に携わる人びとや懸命に生きる地雷被害者たちと出会ったり、地雷除去作業現場を実際に視察するスタディツアーを実施しています。カンボジアの負の歴史を学び、未来についる特別な機会です。

シアヌークビルの位置


地図アプリで見る
TOP