各種問い合わせ閉じる

乗船者インタビュー

訪れることがなかなか難しい南半球航路に惹かれました。

糸屋里美さん(群馬県 / 28歳 退職)

旅がしたい!南半球に行ってみたい!

乗船前は看護師をしていました。大変なこともたくさんありましたがやりがいを感じていました。「仕事を辞めてピースボートに乗りたい」と勇気を出して家族に相談してみると、「今しか経験できないことがある」と背中を押してくれました。また、もともと海外旅行が好きで「英語が話せたら旅がさらに楽しくなるだろう」と思い、いろいろ調べている中でピースボートのことを知りました。訪れることがなかなか難しい南半球をめぐる航路に惹かれ、気づいた時には「南半球に行ってみたい」という気持ちが強くなっていました。

人と関わる楽しみ

とにかく人と関わることが楽しみでした。船に乗る前の友達は、みんな看護師ばかりでした。もちろん分かり合えることもあって楽しいのですが、自分と違う職業や価値観の人と関わってみたいという気持ちがありました。知らないことを知ることで、もっと自分自身の価値観を広げることができればと思っていました。

寄港地でのステキな出会い

一つ目の寄港地、中国の厦門で素敵な出会いがありました。昼食を食べるお店を探していたのですが、なかなか英語が通じずに、お店を見つけることができずにいました。そんなとき、現地の女性の方が優しく案内してくれて、お店の人にもいろいろと伝えてくれました。最初は疑ってしまう気持ちもありましたが、親切なおもてなしを受けてあたたかい気持ちになりました。最後に一緒に撮った記念写真は、旅でのお気に入りの一枚です!

TOP