乗船者インタビュー

お友だちもできるし、ひとりで乗船しても寂しくないですよ。

白木邦子さん(広島県)

ランチ中に目にしたポスターで

今はもう退職していますが、もともと証券会社で働いていて、その当時から休暇を使っては海外旅行に行っていました。ピースボートのポスターを見たのは、ランチをしようと入ったお好み焼き屋さん。店の女将さんに聞いてみたら、お客さんの中にも何人か乗船した方がいるとのことで、興味をもち説明会に参加してみました。最初は主人との乗船を考えていましたが、主人は野球や競馬など陸での趣味がある人。私の方が船旅を楽しめるだろうから行っておいでと後押ししてくれまして。職場の友人を誘ってクルーズに参加しました。

基礎から学んだ社交ダンス

船内では社交ダンスを楽しんでいます。レッスンが無料で受けられるので、基礎は船内で学びましたね。少し上達した今は、社交ダンスパーティーや、中・上級者の集いを自主企画で開催されている方がいるので、そこに参加して楽しんでいます。ダンスは、運動としてもエンタメとしても楽しいです。日本でも社交ダンスパーティーに参加していますが、レッスンは船内で受けただけです。他の客船ではご夫婦やパートナーと乗船している方がほとんどなので、まずダンス相手を見つけることが大変。でもピースボートはお一人参加の方が多いので、気軽に相手に誘えるのもうれしいですね。

海外でも美容体験

これまでに訪れた寄港地の中で、思い出に残っているのは南米のイグアスの滝です。世界最大水量のあの滝を目の前にしたとき、とても迫力があり感動したのを覚えています。 今回のクルーズでは、メキシコのマンサニージョでネイルやエステができるところを人に聞きながら探して、現地でネイルをできたのがうれしかったです。スリランカのコロンボではアーユルヴェーダができると聞いたので、ぜひやってみたいと思っています。

ゆったりとした時間のなかで

船旅自体はとてもゆったりしています。船が大きいのもそうですが、時間の流れがゆったりしていますね。また、海外から参加される方が増えてきていますが、フレンドリーな方が多いので、挨拶をしてくれたり積極的に話しかけてくれたりして、とても国際的な船だと思います。ピースボートは普段着で乗れる豪華客船です。ひとりで参加しても寂しくはないし、お友だちの輪がどんどん広がる船だと思います。ぜひ気軽に乗船してみてください。

TOP