地球一周の旅を学ぶ人が集うサイト ピースボートステーション

説明会予約フリーコール ピースボートとうきょう 0120-95-3740

観光庁長官登録旅行業第617号株 式会社ジャパングレイス 一般社団法人日本旅行業協会正会員

グローバルスクール

ピースボートグローバルスクールとは

「学校に行きたくない」「職場や社会になじめない」「何をやっていいかわからない」「消えてしまいたい」―
いま、日本の社会には多くの若者がそんな悩みを胸に日々を送っています。私たちは、そんな人たちにこそ、ぜひピースボートに乗ってもらいたいと考えています。なぜなら、ピースボートの「地球」をめぐる船旅には、そういった悩みを解決できる可能性があると思うからです。

いまの日本社会は、非常に強く「ヒトと同じ」であることが求められるかなり息苦しい社会です。「ヒトと違っている」と、大人でも子どもでもすぐにイジメの対象となってしまうのです。しかし、地球社会は「ヒトは違っていて当たり前」の社会なのです。肌の色も違えば、言葉も違う。食べ物も、宗教も、服装も違う。そして、違うからこそ面白いし、楽しいし、わくわくするのです。

ピースボートグローバルスクールは、日本社会をいったん離れ、世界には「いろいろなヒトたち」が存在すること、そして、その「いろいろなヒトたち」が笑い、泣き、語らい、働き、暮らしていることを全身で感じ取ってもらうための「地球をめぐるまなびや」です。私たちは、そんな「いろいろなヒトたち」と出会い、語らうことこそが、「ヒトと違うこと」に胸を張って生きていく自信を生み出す原体験になると考えています。

「ヒト多様性」を体験しながら学ぶ新しいカタチのスクールが始まります。

ピースボートグローバルスクール オフィシャルサイト 最新情報や卒業生の紹介などを更新中!!元不登校・引きこもり経験者が発案した洋上フリースクール ピースボートグローバルスクール

プログラム

プログラム1
気軽に参加のできるワークシップ

船内では数々のワークショップを定期的に開催し、対人コミュニケーション力のUPを目指します。 経験豊かなコミュニケーショントレーナーによる実践ワークショップは誰でも気軽に参加できる内容です。

プログラム2
コミュニケーション力が身につくGET

異文化を繋ぐ共通語としての英語。 「地球一周の船旅」という時間と空間を利用し、洋上英会話プログラム「GET」の先生たちと交流をすることで、異なる文化や異なる言語を体験します。

プログラム3
みんなが自由に話せる場

船内の幅広い年代層の中から、バックグランドの異なる乗船者をゲストとして招き、みんなで自由に話をします。 価値観の違いや多様性などについて考える「場」を定期的に開きます。

プログラム4
仲間と一緒にもの作り

船内で行われる様々な企画やイベントの立案から実施、船内新聞の執筆や編集など仲間とのクルーズづくりを体験。 グループで「もの作り」をすすめる中で、様々な考え方や視点の違いなどに触れていきます。

プログラム5
現地を直接訪れるオプショナルツアー

訪れる国々では観光のみならず、現地の人々との直接交流やボランティア活動を行います。 「いろいろな国」での、「いろいろなヒトたち」との出会いこそがグローバルスクールの醍醐味です。

※オプショナルツアーは別代金となります。

オプショナルツアー(予告)

フィリピン フィリピンで考える『子どもの権利』
トルコ トルコの若者と交流会
ギリシャ ギリシャの田舎町でオーガニックとヒーリング体験
メキシコ メキシコにアミーゴを作ろう!
サモア 自立を目指すサモアの女性たちに出会う
オプショナルツアー
  • ※受講生は全ての交流プログラムの中から2コースは必ずご参加下さい。

バラエティーに富んだ「先生」の課外授業

グローバルスクールでは、さまざまな分野の専門家が皆さんの「先生」役になります。「先生」といっても一方的に知識を教え込むのではなく、一人ひとりが学びのきっかけを手にして、理解を深めていくナビゲートをしてくれる存在といえます。

過去に授業をして頂いた「先生」たち

  • 手塚眞さん手塚眞さん
    ヴィジュアリスト
  • 原田枝里さん原田枝里さん
    ピラティスインストラクター
  • 鎌田慧さん鎌田慧さん
    ルポライター
  • 伊勢﨑賢治さん伊勢﨑賢治さん
    東京外国語大学教授
  • 鎌田實さん
    鎌田實さん
    諏訪中央病院名誉院長、作家
  • 高橋歩さん前田哲男さん
    軍事ジャーナリスト

乗船前のプログラムもご用意しています!

「地球一周の船旅」に参加する前に、全国7カ所にあるピースボートセンターにて、乗船前のボランティア活動に参加することも可能です。街頭募金やポスター貼り。また、週に一度の定例ミーティングに参加することで、同じ船に一緒に乗船する仲間と知り合うきっかけにもなりますし、しかもボランティアスタッフには船賃割引の特典もあります。

街頭募金

ピースボートクルーズ体験者の声

恩田夏絵さん

第51回クルーズ(2005年9月出航)に参加/参加当時19歳。半年間ボランティアスタッフ活動をしたのち、参加

『頑張ることは恥ずかしいことじゃない。』
そんな当たり前の空間が、船の上にはありました。

 引きこもりだったわたしが、日本を離れ、知らない人たちと3ヶ月間地球を巡る。自分自身で行くと決めたものの...最初は、ほんの少しの『楽しみ』と、あとのほとんどは『不安』でいっぱいでした。
 乗船後すぐは中々慣れませんでしたが、顔見知りが出来てきた頃にはなんだか吹っ切れて、積極的にイベント運営などに携わりました。色々な国に訪れ、様々な人に出会い、新しいことにチャレンジする毎日。不安でしかなかった旅は、いつの間にか『楽しい毎日』になっていました。
 3ヶ月間の船旅は、びっくりするぐらいあっと言う間。旅を終えることは寂しくもありましたが、旅を終えた時のとても大きな達成感が、自分自身を強くしたんだな、と今になって思います。
 『頑張ることはカッコ悪いことじゃない。』そんな当たり前の空間が、ピースボートにはありました。

【夏絵さんの父・恩田博世さん】

 娘の不登校は小学校からはじまって、中学にはほとんど行きませんでした。でも、無理に行かせても逆効果なので、本当にやりたいことが見つけられるといいね、とやんわりとつきあっていたんです。
 なんとか高校に入ることが出来て、卒業する時に、世界一周したいと言い出しました。雑誌を通じて以前から興味があったようです。日本をいったん離れて、海外に出るというのは良いきっかけになるんじゃないかと、その時思いました。ピースボートのような場所が性に合っていたんでしょうね。自分の居場所をみつけたというか、旅を終えてから落ち着きが出てきたと思います。それぞれみんなが違った個性を活かせて、自分なりの表現をしていけるこのような場は大切ですね。

堀口恵さん

第52回クルーズ(2005年12月出航)に参加/参加当時16歳。2010年春、高校を卒業し70回クルーズに乗船、グローバルスクールを受講

いろんなことに興味が広がりましたね。

 私は、中学校には1ヶ月しか行っていません。自分が安心できる居場所をうまくつくれなくて、息苦しくなっていたんです。ある程度元気になった頃には、周りは高校受験の準備をしていました。自分でも動き出したいと思って、選んだのがピースボートだったんです。普通に高校に通う人にはできない、大きなことをしたいという気持ちでした。
 船に乗って一番感じたのは、人とのつながりの大切さですね。自分のことを上手く表現出来ない時もあったけど、うまく受け止めてもらえたんです。みんなに支えられてるって思いました。それから、船に乗ったことがきっかけでいろんなことに興味が広がりましたね。だから高校は、自分のやりたいことが学べるような自由な雰囲気の学校を選んだんです。
 高校を卒業して、2010年8月出発のピースボートクルーズに乗船。もう一度乗ろうと思った理由は、今の自分が乗ったらまたいろいろ感じ方が違うんじゃないかと思ったからです。

【恵さんの母・堀口清子さん】

 娘は中学にはほとんど行きませんでしたが、本人にとっては学校に行くかどうかというよりも、一生の問題で悩んでいたんですね。だから見守るしかありませんでした。そして15歳の時「私は私でいいんだ」って確信が持てたようです。
 それから娘の行動は早かったですね。自分でピースボートのことを調べて、ボランティアスタッフにも登録して...、数年の間、人と接したりしていなかったので、いきなり世界一周というのは心配でした。でもピースボートセンターでは本当にいろんな人との出会いがあって、毎日がすごく楽しそうだったんです。これなら大丈夫だなって。そして世界一周から、真っ黒に日焼けして元気に帰ってきた娘の姿を見て、本当によかったと思いました。

応援者の声・ナビゲーター挨拶

私も応援しています

香山リカ

精神科医
船の上は、陸の上のあの世界とはまったく違うのです!陸でできなかったことでも、船の中ではあら不思議、一瞬にして簡単にできている自分を、あなたは発見するでしょう。そんな船のマジックを使って、この際、やってみましょうよ。あなたには絶対できるはず。

グローバルスクールナビゲーター

クリス・マシー

過去にご乗船頂いたナビゲーターの方 異文化コミュニケーションファシリテーター
イギリス出身。大学院にて異文化コミュニケーションを専門に学ぶ。
日本在住歴が長く、日本語も堪能。
ピースボートクルーズにも何度も乗船経験があり、船内での企画は幅広い年齢層から好評を得ている。

専属カウンセラーも乗船します

第9期グローバルスクール募集要項

  1. 「第88回ピースボート地球一周の船旅」に全行程参加できる方を対象としています
  2. ご旅行出発時に15才~34才までの方を対象としています
  3. 本人からの「ピースボートグローバルスクール申込書」と、保証人からの「ピースボートグローバルスクール保証書」の提出が必要となります
  4. クルーズ責任者および担当者との事前(電話)面談が必要となります
  5. クルーズ全行程の洋上生活に耐える承認及び医師の診断書が必要な場合もあります
プログラム受講料入学金なし5万円
  • コミュニケーショントレーニングは70分×10回です。
  • 定員30名
  • 最小催行人数5名
  • キャンセル料金
    正式なお申し込みを頂いた後にキャンセルされる場合は、以下のキャンセル料がかかります。
    1. 旅行開始日の前日から起算してさかのぼって30日前以降にキャンセルされた場合受講料の50%
    2. 旅行開始後にキャンセルされた場合受講料の100%
  • 詳しくはお問い合わせください。(0120-95-3740)

詳しい資料のご請求や、各種お問い合わせ・ご相談は

資料請求(※無料)
地球一周の船旅や、ピースボートについて、詳しい資料(パンフレット)をお送りします。
お電話でのお問い合わせ、ご相談は:
フリーコール
0120-95-3740
  • ※受付時間:9:00〜18:00(無休)
  • ※携帯電話・PHSからもご利用できます。

地球一周の船旅について知りたい方は! 全国開催60都市以上

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款  | 個人情報について  | ピースボートセンターのご案内  |