各種問い合わせ閉じる

リオデジャネイロ

リオデジャネイロ
世界遺産
世界遺産
交流
交流
美しい港町と陽気な人びと

世界三大美港のひとつにも数えられる、南米を代表する美しい港湾都市。山と海との間につくられた文化的景観が世界遺産に登録されています。

キリスト像が見守る街

標高710m、リオデジャネイロの街を一望できる「コルコバードの丘」。ここから見える美しい海岸線と街並み、緑が融合された美しい景観は、2012年に世界遺産登録されました。この丘の上に立つのは、シンボルとも言える巨大なキリスト像です。いたるところから見えるその姿は、まるで街を見守っているかのよう。そんなリオデジャネイロで人気なのが、全長4キロメートル、観光の定番であるコパカバーナビーチと、ボサノバの名曲「イパネマの娘」のモデルになったイパネマビーチです。ビーチでは日焼けをしたり、バレーを楽しんだり。ブラジルを感じる風景です。

リオ日系協会の人たちと出会う

1908年以降、日本から多くの人が移民としてブラジルに渡りました。慣れない土地で、日本とは異なる言語や環境、過酷な生活の中、多くの人が命を落としました。それでも苦労を乗り越え、少しずつ自分たちの生活を安定させ、現在も多くの日系移民が暮らしています。リオデジャネイロではそんな日系移民の皆さんに会いに行くオプショナルツアーを実施します。一緒に食事をしながら故郷の思い出話をしたり、歌を歌ったり。日本からは遠く離れたブラジルに、日系の「友人」ができる、思い出深い時間になることでしょう。

リオデジャネイロの位置


地図アプリで見る
TOP