各種問い合わせ閉じる

水先案内人

ピースボートの旅をより有意義なものへと導くナビゲーターが「水先案内人」の皆さん。訪れる土地の専門家やジャーナリスト、各界の著名人、エンターテイナーなど、その顔ぶれは実に多彩です。まなぶ・たのしむ・つくる━“先生”とはひと味違う水先案内人が、地球一周をより豊かにナビゲートします。

ビデオメッセージ

これまでにご乗船いただいた方々(順不同、敬称略)

...
海堂尊 KAIDOU Takeru

(医師、作家)

1961年千葉県生まれ。1988年千葉大学医学部卒業。1993 年千葉大学医学部大学院修了。外科医、病理医を経て現在放射線医学総合研究所研究協力員。2006 年『チーム・バチスタの栄光』で第4回このミステリーがすごい!大賞を受賞し作家デビュー。同作は映画化、ドラマ化されシリーズ累計1000万部突破。小説は同一世界観で統一され、「桜宮サーガ」と呼ばれる。医師として死因究明問題にコミットしAi(オートプシー・イメージング=死亡時画像診断)の概念を提唱、社会導入を進める。キューバ革命に焦点を当てた「ポーラースター」シリーズを執筆中。「野性時代」で「医学のひよこ」連載中。最新刊は「氷獄」(KADOKAWA)。

...
張艶 (チョウ・エン) ZHANG Yan

(二胡奏者)

6歳より二胡を習い、西安音楽学院を卒業後、北京戯曲学院にて京胡及び京二胡を研修。上海、南京、蘇州、杭州、香港、台湾など各地で演奏会、講演会を開く。2002年来日。演奏活動、編曲を行う傍ら後進の指導にも当たる。2004年より二胡教室を始め、皇太子同妃両殿下(当時)に二胡の紹介と演奏を行う。2008年5月、日中芸術家共演の中国四川大地震チャリティーコンサートに出演2008年9月、沖縄にて「Big Band Jazz Orchestra」と共演を果たす2009年3月、来日五周年記念リサイタル「韵飄香―京胡演奏」を開催し、大好評を博す。現在、二胡講師、奏者として様々な日中文化交流のイベントにて活躍中。中国音楽家協会会員、中国民族管弦楽協会会員。公式ホームページ https://zhangyan.jimdo.com/

...
森達也 MORI Tatsuya

(映画監督、作家 )

ディレクターとして、テレビ、ドキュメンタリー作品を数多く制作。1998年、オウム真理教の荒木浩を主人公とするドキュメンタリー映画 「A」 を公開。ベルリン、釜山、香港など各国映画祭に出品し海外でも高い評価を受けた。2001年 「A2」 が山形国際ドキュメンタリー映画祭で特別賞、市民賞を受賞。2016年には映画「Fake」を公開し、第26回日本映画プロフェッショナル大賞(監督賞)を受賞し、アジア、ヨーロッパなどで放映される。2011年には『A3』(集英社インターナショナル)が第33回講談社ノンフィクション賞を受賞。他にも『すべての戦争は自衛から始まる』、『「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい』(講談社文庫)など多数。

...
河江肖剰 KAWAE Yukinori

(エジプト考古学者、名古屋大学高等研究院准教授)

1972年兵庫県生まれ。1992年から2008年までカイロ在住。カイロ・アメリカン大学エジプト学科卒業。2012年名古屋大学で歴史学博士号を取得。ギザの発掘調査に10年以上にわたり従事。古代都市ピラミッド・タウンの発掘や、世界初となるドローンを用いたギザの三大ピラミッドの 3D計測調査「Giza 3D Survey」を推進中。2016年に米国ナショナルジオグラフィック協会のエマージング・エクスプローラーに選出される。TBS「世界ふしぎ発見!」や NHKスペシャルなどのテレビ番組に多数出演。著書に『ピラミッド 最新科学で古代遺跡の謎を解く』(新潮文庫)など。

...
ワンジラ・マータイ Wanjira MATHAI

(ワンガリ・マータイ基金代表)

世界的に有名なケニアの環境活動家。ノーベル平和賞受賞者ワンガリ・マータイ教授にちなんで創設されたワンガリ・マータイ基金(WMF)代表。WMF の理念は目的意識や誠実性といった観点から、次世代のリーダーを育成しマータイ教授の意向を次の世代に繋いでいくこと。若い人材は国家の未来を左右するという考え方から、若者が抱える無関心、無力感、失望感からの脱却をサポートする。世界資源研究所(World Resource Institute)、再生可能分野における女性起業家パートナーシップ(wPOWER)の上級顧問、グリーンベルト運動(Green Belt Movement)、国際アグロフォレストリー研究センター(ICRAF)の理事会会員。

...
古今亭菊千代 KOKONTEI Kikuchiyo

(落語家)

今年、噺家33年目を迎える。1993年に先輩である三遊亭歌る多師と共に女性初の真打に昇進。古典落語から創作落語、手話落語、韓国語と日本語両方で繰り広げる二次元落語など積極的に新しい分野を開拓し、国境を越えて幅広く人を楽しませている。その温かみのある寄席は、落語が大好きという方から、寄席に行ったことがないという方まで楽しめること間違いなし。2013年には、子どもから大人まで落語を楽しめる『体験!子ども寄席』(偕成社)全五巻を出版。
公式ホームページ「ようこそ、菊千代ページへ。」
http://www.iz-design.sakura.ne.jp/blog/

...
ドニーシャ・プレンダーガスト Donisha PRENDERGAST

(女優、活動家)

ジャマイカ出身。作家、女優、ダンサー、振付師など様々な分野で活躍。近年では、アフリカをルーツに世界各地に暮らす黒人の「繋がり」に着目したドキュメンタリー作品や、ガーナ、南アフリカ、ジャマイカで開かれた若者によるシンポジウム「Africa Unite」を主催し基調講演者を務めるなど、「アフリカ」をテーマとした取り組みも行っている。2007年世界8カ国に渡ってラスタファリの起源や進化を探るドキュメンタリー映画『RasTa:A Soul's Journey』に主演。船内ではジャマイカの歴史、文化、ラスタファリズムについてや、祖父ボブ・マーリーについての講演をおこなっていただく。

※ラスタファリズム:1930年代にジャマイカの労働者階級と農民を中心にして発生した、アフリカ回帰運動の要素をもつ宗教的思想運動。

...
カルメリータ・ヌキ Carmelita NUQUI

(「DAWN」(Development Action for Women Network)代表)

フィリピン出身。NGO「DAWN」は、出稼ぎ労働者として日本へ渡るフィリピン女性と日比国際児の人権保護を訴えながら、女性たちの社会的自立、生活向上のための支援を行っている。DAWNの子どもたちで構成される「劇団あけぼの」は、毎年来日し日本公演ツアーを行いながらそれぞれの父親を捜している。船内では、DAWNの活動について話していただくのはもちろん、女性の自立プログラムの一環として作られている色鮮やかなバティック(ろうけつ染め)の手工芸品の販売も行う。

...
枝元なほみ EDAMOTO Nahomi

(料理研究家)

1981 年劇団転形劇場の研究生になり、役者をしながら無国籍レストランで働く。劇団解散後はフリーの料理人に。新聞、テレビ、ラジオなどで料理を紹介。全国各地をまわるうち、「食」を考えるには農業や漁業などの生産の現場を支えることが必要だと思い至り、生産者と消費者、生活者をつなげる一般社団法人「チームむかご」を設立。2011 年の東日本大震災後は、被災地、被災者と非被災者をつなぐ「にこまるプロジェクト」 をスタート。単行本でもおなじみ、大人気『幸せの人生レシピ』は、ホームレスの自立を支援する雑誌『ビッグイシュー日本版』の『世界一あたたかい人生レシピ』にて連載中。

...
前田哲男 MAEDA Tetsuo

(軍事ジャーナリスト)

長崎放送記者を経て、フリージャーナリストに転向。1970年代はマーシャル諸島ビキニ環礁で行われた核実験、1980年代は中国四川省重慶に対し日本陸海軍航空隊が実施した無差別爆撃の実態を日中双方の記録などを取材。自衛隊、米軍基地、沖縄問題などを「人間の安全保障」の立場から批判的、かつ対抗構想を提示して論じている。平和憲法の理念を具現化した「平和基本法」制定の提唱者にも名を連ねた。著書に『棄民の群島−ミクロネシア被爆民の記録』(筑摩書房)、『なんのための秘密保護法か その本質とねらいを暴く』、『ハンドブック 集団的自衛権』(共に岩波書店)、『9条で世界を変える平和基本法』、『「従属」から「自立」へ日米安保を変える』(共に高文研)、『Q&Aで読む日本軍事入門』(吉川弘文館)など多数。

...
鎌田慧 KAMATA Satoshi

(ルポライター)

日本の社会派ルポライターの代表的存在で、原発や教育、労働などをテーマに現場に密着した取材を続けている。東日本大震災に伴う東電・福島第一原発事故を受け、2011年6月より、作家の大江健三郎さん、音楽家の坂本龍一さんらと共に、政府に脱原発への政策転換を求める「さようなら原発 1000万人運動」を展開、呼びかけ人を務める 。著書に毎日出版文化賞を受賞した『六ヶ所村の記録』、『ひとり起つ―私の会った反骨の人』、『狭山事件の真実』(岩波現代文庫)、『原発暴走列島』(アストラ)、『沖縄―抵抗と希望の島』(七つ森書館)、『自動車絶望工場』(講談社文庫)など。ピースボート 「旅と平和」 エッセイ大賞、選考委員長も務めている。

...
西畠清順 NISHIHATA Seijun

(プラントハンター)

幕末より約150年続く花と植木の卸問屋、「花宇」の五代目。日本全国・世界数十ヵ国を旅し、収集している植物は数千種類。日々集める植物素材で、国内はもとより海外からの依頼も含め年間2000件もの案件に応えている。2012年、ひとの心に植物を植える活動”そら植物園”をスタートさせ、植物を用いた様々なプロジェクトを多数の企業・団体などと各地で展開、反響を呼んでいる。著書に『教えてくれたのは、植物でした 人生を花やかにするヒント』、『プラントハンター 命を懸けて花を追う』(徳間書店)、『そらみみ植物園』(東京書籍)など。

...
吉岡淳 YOSHIOKA Atsushi

(カフェスロー代表、カフェローカル代表、NHK文化センター世界遺産講師、元日本ユネスコ協会連盟事務局長、ナマケモノ倶楽部世話人)

日本ユネスコ協会連盟の元事務局長として、30年に渡り世界遺産の保護や広報活動に携わる。南米エクアドルで先住民の生き方に触れたことをきっかけに、地域でできる地球に優しいライフスタイルを提案するオーガニック料理の店「カフェスロー」を2001年に設立。2018年には、地域社会の魅力を深め、市民の憩いの場となる「カフェローカル」をオープンし、新しい文化を発信し続けている。船内では世界遺産を通して地球46億年の歴史と人類文明や、コミュニティビジネスとしてのスローカフェの作り方などのテーマで企画を行う予定。著書に『しあわせcafe のレシピ~カフェスローものがたり』(自然食通信社)がある。

...
高橋和夫 TAKAHASHI Kazuo

(国際政治学者、放送大学名誉教授)

世界情勢をわかりやすい言葉で話してくれる国際政治学者で、ニュース番組から ワイドショーまで、解説者として数多くのテレビ番組に出演。世界の複雑な問題を鋭く、かつ分かりやすく解説してくれる講座は、毎クルーズ人気が高い。著書に『イスラム国の野望』(幻冬舎新書)、『アラブとイスラエル パレスチナ問題の構図』(講談社現代新書)、『イランとアメリカ 歴史から読む「愛と憎しみ」 の構図』(朝日新書)、『中東から世界が崩れる イランの復活、サウジアラビアの変貌』(NHK 出版新書)など。
「高橋和夫の国際政治ブログ」https://ameblo.jp/t-kazuo

...
李政美(イ・ヂョンミ)LEE Jeongmi

(歌手)

東京・葛飾生まれの在日コリアン2世。国立音楽大学在学中から朝鮮民謡、フォークソング、フォルクローレなどを歌いはじめる。ドラマ・映画の挿入歌等を手がける傍ら、さまざまなミュージシャンとの共演、ソロ活動を続ける。1994年に屋久島に住む詩人・山尾三省の詩「祈り」に曲を付け歌ったのをきっかけに、オリジナル曲を作り始める。現在はジャンルを超えた幅広いレパートリーでライブ、ソロコンサートを展開。2003年には韓国ソウルで初公演を行い、韓国の聴衆を魅了する。心にしみとおる深く透明な歌声で、日本全国及び韓国全土にファンの裾野をひろげている。

...
半田 滋 HANDA Shigeru

(東京新聞論説兼編集委員)

1955年生まれ。下野新聞社を経て、1991年中日新聞社入社、東京新聞論説兼編集委員。獨協大学非常勤講師。法政大学兼任講師。1992年より防衛庁取材を担当し、米国、ロシア、韓国、カンボジア、イラクなど海外取材を多く経験している。防衛政策や自衛隊、米軍の活動について、新聞や月刊誌に論考を多数発表。2007年、東京新聞・中日新聞連載の「新防人考」で第13回平和・協同ジャーナリスト基金賞(大賞)を受賞。著書に、『「北朝鮮の脅威」のカラクリ』(岩波ブックレット)、『零戦パイロットからの遺言 原田要が空から見た戦争』『僕たちの国の自衛隊に21の質問』(講談社)、『日本は戦争をするのか-集団的自衛権と自衛隊』(岩波新書)など。

...
打村明 UCHIMURA Akira

(「日系ユースネットワーク」事務局長)

コスタリカ生まれ。日本人の父とチリ人の母を持つ。父の仕事の関係で、パラグアイ、ボリビア、エクアドル、エルサルバドル、スリナム共和国、チリ、日本を3年ごとに回る。現在は、世界各国に暮らす「日系」の若者リーダーの国際的ネットワーク構築を目的に「日系ユースネットワーク」を設立。事務局長に就任。さまざまな文化を持つ日系ユースがアイディアやプロジェクトを共有するサイト「Hana.bi」の運営や、日本にいる留学生を被災地に派遣する「IS Volunteers」などの事業を行っている。

...
水本俊也 MIZUMOTO Shunya

(写真家)

鳥取県出身。学生時代にヨット部に在籍、海をこよなく愛す。客船写真師を経て、フリーの写真家となる。2004年よりピースボートクルーズに乗船し、世界各国で撮影を続けている。日本写真家協会会員(JPS)、同国際交流委員会委員長(2015年~)。

1 2 3 4 5 9
TOP