各種問い合わせ閉じる

クルーズコレクション

2021.01.22 更新 新着

(カンボジア)

旅先で出会った地雷問題

世界では「1時間に1人」が地雷被害にあっているといわれています。地雷は、世界各地で内戦が起こっていた数十年前に埋められた…続き

2021.01.15 更新

リスボン(ポルトガル)

大航海時代、はじまりの地へ

イベリア半島西部、テージョ川のほとりに位置するポルトガルの首都リスボン。3000年以上の歴史を有し、ローマやパリなど他の…続き

2021.01.05 更新

ガラパゴス諸島(エクアドル)

独自の世界が息づく、生きものたちが主役の島

「地球上でここだけ」南米エクアドルから西へ約1000km、赤道直下に位置するガラパゴス諸島は、そんな特別感をもって語られ…続き

2020.12.25 更新

ダナン(ベトナム)

ドラマチックな出会いが待つ、中部最大の街

「自由と独立ほど尊いものはない」———その生涯をベトナム独立に捧げた革命家ホーチミンの言葉です。多くの犠牲を払い独立を勝…続き

2020.12.11 更新

クルーズライフ-Cruise life-

クルーズ旅行で思い出に残る夏休みに

日常を離れ、洋上に広がる開放的なひとときを心ゆくまで満喫できるクルーズ旅行。なかでも、船旅のこだわりがギュッと凝縮された…続き

2020.12.04 更新

バリ島(インドネシア)

“神々の住む島”の伝統と最先端の取り組み

アジアを代表するリゾート地として知られ、一度訪ねるとその魅力の虜になる人も多いバリ島。美しいビーチはもちろんのこと、自然…続き

2020.11.27 更新

コロンボ(スリランカ)

街のざわめきと、輝く笑顔に誘われて

インドの南東に位置する島国スリランカ。最大の都市コロンボは、南国らしい熱気と喧騒に包まれたエキゾチックな街。高層ビルや寺…続き

2020.11.13 更新

アカバ(ヨルダン)

砂漠に隠された魅惑の地へ

中東の王国ヨルダンは、ピースボートクルーズでも特に人気の高い寄港地のひとつ。船が寄港するアカバは、紅海きってのリゾート地…続き

2020.11.06 更新

ポートエリザベス(南アフリカ)

野生動物の楽園で、本場のサファリ体験

スワヒリ語で「旅」を意味する「サファリ」。現在では、野生動物の鑑賞を指す言葉として広く使われています。このスワヒリ語を公…続き

2020.10.28 更新

クルーズライフ -Cruise Life-

船旅を彩る美しき、港風景

デッキから眺める日々の風景。鏡面のような凪の海がどこまでも続く景色も、雨が水面を打つのもまた美しき眺めです。船旅ならでは…続き

2020.10.16 更新

クリストバル(パナマ)

海と海をつなぐ、パナマ運河を渡る

南北に広がるアメリカ大陸を結ぶかのように位置する、中米パナマ。一歩外に出ると、亜熱帯気候特有の湿気を帯びた空気が全身を包…続き

2020.10.09 更新

(ボリビア/アルゼンチン/ブラジル/ベネズエラ/ペルー)

絶景・秘境の宝庫、南米大陸をゆく

規格外、桁違い、ダイナミック…。南米大陸が擁する絶景・秘境に向けられたいくつもの言葉に、旅心を誘われます。南米は日本から…続き

2020.10.02 更新

サンクトペテルブルグ(ロシア)

世界屈指の美を訪ねて

かつてロシア近代化の礎を築いたピョートル大帝の都市計画により建設された帝政ロシアの首都・サンクトペテルブルグ。続くエカテ…続き

2020.09.24 更新

エホアラ(マダガスカル)

神秘の木バオバブがある風景

固有種の宝庫マダガスカルへ アフリカ大陸の東に浮かぶ世界最古の島国・マダガスカル。かつて南半球に存在したゴンドワナ大陸の…続き

2020.09.11 更新

ナポリ、サレルノ、バーリ(イタリア)

魅惑のイタリア歴史散歩-2-

南イタリア編 地中海の真ん中に位置していることから、古代より数々の歴史と文化が交錯してきた南イタリア。地中海の太陽が降り…続き

2020.09.02 更新

チビタベッキア、リヴォルノ(イタリア)

魅惑のイタリア歴史散歩-1-

ローマ・トスカーナ地方編 古代ローマ時代の中心地として紀元前から栄えた首都のローマや、トスカーナ地方の美しき古都フィレン…続き

2020.08.26 更新

コーチン(インド)

ヤシの木がそよぐ南インドの桃源郷へ

南インドに広がる穏やかな水の都へ 喧騒のイメージがあるインドにおいて、美しい自然と穏やかな雰囲気が魅力の南インド地方。イ…続き

2020.08.19 更新

プエルトケツァル(グアテマラ)

虹を織る人びとに出会う旅へ

マヤ文明発祥の地として知られる、中央アメリカ北部の国グアテマラ。深い自然と色鮮やかな民芸品が豊富で、植民地時代の様式を保…続き

1 2 3
TOP