PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第86回クルーズレポート

第86回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

避難訓練

2014年11月21日

乗船後、最初の「企画」は避難訓練。「訓練!? パーティーじゃないの??」なんて声も聞こえてきましたが、外航客船では出航前に乗船者全員が避難訓練を行うことが義務づけられているんです。キャプテン(船長)のアナウンスに従って、キャビン(船室)備え付けのライフジャケットを着たら、フロアごとに決められた集合場所へ。集合場所では事前に参加者全員に配られていた「避難訓練カード」を担当クルーが回収します。これで、全員が訓練に参加したことを確認しているんですね。集合場所では改めて、正しいライフジャケットの着方や備品の使い方、非常時の行動について説明があります。

集合場所はラウンジだったり、バーだったり、フリースペースだったり…と船室のフロアごとに様々。この集合場所を「Muster Station(マスターステーション)」と呼ぶんですよ。写真はカサブランカバー。普段はドリンク片手にゆったりとひとときを楽しむ場所ですが、この時ばかりはそうはいきません。(でも、ライフジャケット姿の皆さんがバーカウンターに座っているというのも何だか面白いですね)

最後はデッキへ。もしもの時に自分が乗るべき救命ボートを確認します。訓練終了のアナウンスに、皆さんホッと一息。「まぁ、これも旅の経験ですね」そう、この避難訓練だって船旅に参加しなければまず出来ないことですから。救命胴衣を着るのはこれで最初で最後にしなければなりませんが、この訓練を忘れずに、安全で楽しい旅にしましょう!

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |