PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第101回クルーズレポート

第101回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

サントリーニ島(ギリシャ)寄港

2019年05月19日


190519_1.jpgエーゲ海に浮かぶ美しい島、サントリーニ島にやってました!船から見えるサントリーニ島には、赤茶色の断崖の上に白壁の家々が建ち並ぶ素晴らしい景色が広がります。サントリーニ島はオーシャンドリーム号のような大きな船を停泊させることができないため、本船は沖合へ停泊し、上陸には「テンダーボート」という小舟を使います。いつもとは違う上陸方法にわくわくしながら、少しずつ近づいてくるサントリーニ島を見て心が躍ります。

190519_2.jpg到着したのはオールドポート。ここから島の中心であるフィラまではケーブルカーを使うか、ドンキーと呼ばれるロバに乗って向かうことができます。ケーブルカーでは3分ほど、ロバでは20~30分ほどで到着します。

190519_3.jpg行き道はロバの背に揺られながらのんびりと向かいます。ゆっくりですが、力強い歩みで坂道を登って行くロバ。近くに見えていたオーシャンドリーム号も少しずつ離れていき、島の上からその姿を見下ろすことができました。

190519_5.jpgフィラの街に到着すると、「すごい!」「きれい!」とその美しさに思わず声が上がります。白い家々、そして青い空と海のコントラストがとても眩しく、美しく映ります。おしゃれなカフェからは素敵な音楽が流れ、リゾート感満載!

190519_4.jpg海を一望できるテラスがあるレストランを見つけ、早速ランチタイム!グリークサラダ(ギリシャ風のサラダ)と、「スブラギ」と呼ばれる肉を鉄串にさして炭火で焼いたものを、ピタとポテトと一緒にいただきます。とてもおいしくて、お腹もいっぱいになりました!

190519_7.jpgランチのあとはバスに乗り、約30分ほどでイアという街に到着です。サントリーニ島の北端に位置するこの小さな街には、先ほど訪れたフィラの街と同じように白い家々が広がっています。イアで特徴的なのは、青い屋根やピンクの建物が見られること。白の街並みの中にブルードームが映え、とてもメルヘンチックな雰囲気が出ています。

190519_6.jpgイアの街を歩いていると、素敵なお店がたくさん並んでいます。このお店、本屋さんなんですよ!本当にかわいいですよね~!

190519_8.jpgさらに奥へ奥へと進んでいくと展望台があり、そこからイアの街を一望することができます。展望台に立つと、街の向こうに広がるエーゲ海の美しい「青」がより一層建物の“白”を惹き立てる、まるでポストカードのような景色が広がっています。

190519_9.jpgのんびりと時間を忘れて眺める景色――なんて贅沢な時間なのでしょうか。「いつまでもこうしていたい・・・」そんな想いを抱きながらも美しい街を離れ、ボートで船へと戻ります。

190519_10.jpg島を出航する頃、夕日がサントリーニ島と私たちを温かく照らします。オレンジ色に染まった景色を見ながら素敵な一日を与えてくれたサントリーニ島に別れを告げ、オーシャンドリーム号は次の寄港地ピレウスへ向かいます。 

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |