PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第101回クルーズレポート

第101回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

カルタヘナ(コロンビア)寄港

2019年06月17日


190617_1.jpgオーシャンドリーム号はコロンビア北部の都市、カルタヘナへ寄港しました。今日はオプショナルツアーの「マングローブの森遊覧エコ・ツアーとカルタヘナ旧市街」に参加します。バスに乗って20分ほど、まずはサンフェリペ要塞へ向かいます。標高40mの丘に築かれたこの要塞は、南米の中でも最も強固で堅牢であるといわれています。この距離から見ても、その大きさと高さに圧倒されます。

190617_5.jpg途中、バスは海を左手に見ながら砂浜を走ります。砂浜を車で走るという滅多にできない経験に、気分も盛り上がります!10分ほどバスに揺られ、ボート乗り場に到着しました。

190617_3.jpg4人乗りのボートに乗り込み、いざマングローブの森へ出発!視界にはマングローブの緑、青い空、薄く伸びる白い雲が壮大に広がります。ボートで進む中、狭いところではボートの幅ギリギリの川幅のところも!それでも水路をぐんぐん進みます。太陽の光が強く降り注ぐ日向は暑いですが、日陰に入ると心地よい風が通り、「気持ちいい~」という参加者の方の声も聞こえてきます。とても静かなマングローブの森に、舵を取る音が響きます。

190617_4.jpg約1時間のマングローブ遊覧は、あっという間!ボートを降りると、ココナッツウォーターを頂くことができました。ほんのり甘くてさっぱりした口当たりが、暑い日の水分補給にぴったりです。

190617_6.jpgマングローブの自然をたっぷり堪能したあとは、ランチをいただきます。こちらではココナッツをふんだんに使った料理が多く、ココナッツミルクで炊かれたご飯に、デザートにもココナッツタルトをいただきました。

190617_9.jpgランチのあとは、約4kmにわたる堅牢な城壁に囲まれた旧市街に向かいます。コロニアルな雰囲気漂うカルタヘナの旧市街は、ユネスコの世界文化遺産にも登録されています。

190617_7.jpg街中ではカラフルな民族衣装を着た女性たちを見かけました。頭に果物やお菓子を乗せて運ぶ、独特のスタイルです。

190617_8.jpgこちらはサン・ペドロ・クラベール寺院。二つの尖塔とドーム状の屋根を持つ旧市街を代表する大きな教会で、石造りの建物は17世紀にイエズス会によって建てられたものが基になっています。重厚感あふれる佇まいで、歴史を感じます。

190617_10.jpgマングローブ遊覧、旧市街の観光を経てターミナルに帰ってきました。ターミナルには「エコパーク」というバードパークが隣接していて、孔雀やフラミンゴ、オウム、鳥だけではなくアリクイや、リス猿など動物の姿も見ることが出来ました。

190617_12.jpg豊かな大自然の中に身を置き、歴史を感じる街並みを散策したカルタヘナの旅。たくさんの見どころを訪れた、とても濃密な1日となりました。明日は隣国パナマのクリストバルを訪れます! 

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |