PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第101回クルーズレポート

第101回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

ケアンズ(オーストラリア)寄港

2019年07月21日


190721_6.jpgオーシャンドリーム号はオーストラリアのケアンズへ寄港しました。今日は曇り空ですが、赤道に近いため気温は上がり、半袖でも過ごしやすい気候です。時折晴れ間もあり、太陽が顔を出すと肌がじりじりと焼けるような日差しを感じます。ターミナルから出てまず向かったのは、徒歩5分ほどの場所にあるズームワイルドライフドームです。ここでは街中でありながら、コアラに会うことができます!

期待に胸を膨らませながら、歩く速度も自然と早くなります・・・いました!ユーカリの木の上で、ゆったりと動いています。夜行性で一日のほとんどの時間を寝て過ごすコアラの、動いている姿を見れました。動いているコアラも、寝ているコアラもとても可愛らしく、時間を忘れて見入ってしまいます。こちらの施設ではコアラを抱っこすることができるので、オーストラリアに来た記念にもなりますね。

190721_1.jpg他にもオーストラリアのさまざまな動物が飼育されており、時間によっては爬虫類のショーや餌やりなども見ることができます。

190721_3.jpg可愛いコアラの姿をもっと見ていたい気持ちを抑え、港近くで行われている催し「ピースボート&ケアンズ フレンドシップ・フェスティバル」へ向かいます。港までの道中には人工ビーチもあり、独特なモニュメントに近代的な印象を受けます。

190721_4.jpgケアンズ市の協賛で行うこのイベントは、先住民族の皆さんによる伝統歓迎式から始まりました。伝統楽器の伴奏に合わせた、リズミカルなダンス。独特な衣装にも注目が集まり、大きな拍手がおこります。

190721_5.jpgイベントではケアンズ市長や日本領事館の方、福島から参加した子どもたちからのスピーチなどがありました。ピースボート側からよさこいのパフォーマンスも披露。イベントは大いに盛り上がりました。

190721_7.jpg午後からは、市内から車で10分ほどのところにある、ケアンズボタニックガーデンへ向かいます。約1万本の熱帯植物が植えられており、無料で入園することができます。

190721_9.jpg緑が多いケアンズの街、さまざまな鳥のさえずりも聞こえてきて街中であっても豊かな自然を感じられますが、こちらのガーデンではさらにオーストラリアの自然を間近で楽しむことができます。

190721_8.jpgガーデンの中にはカフェもあり、散策の途中にひと休みすることも。自然の中に身をおいて過ごす癒しのひと時は、とても贅沢です。

190721_10.jpg最後に向かったのは、ナイトマーケットです。夕方から開かれるマーケット内には食べ物、日用品、お土産までさまざまなものが揃っていて、たくさんの人が訪れ活気にあふれていました。自然をテーマにしたアクティビティを通して、オーストラリアの美しさ、奥深さを感じたケアンズの旅。オーストラリアの旅を終えた船は、いよいよ101回クルーズ最後の寄港地パプアニューギニアのラバウルへ向かいます。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |