PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第102回クルーズレポート

第102回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

6歳の少年が見た原爆

山下泰昭さん(おりづるプロジェクト) / ブロードウェイラウンジ

2019年10月07日

 191007 - 3.jpg本日の水先案内人講座にご登壇いただいたのは、山下泰昭さんです。6歳のとき長崎で被爆。1968年からメキシコに移住され、現在もメキシコで暮らしています。今回初めて日本語での証言をおこなってくださった山下さん。長崎に原爆が投下された当時の悲惨な状況や、放射能が身体に及ぼした過酷な症状についてお話ししていただきました。

191007 - 2.jpg被爆者の方から直接聞くお話は、テレビや本から得る情報とはまるで違い、大きなショックで胸が苦しくなりました。核兵器は危険なもので存在してはならないと感じてはいましたが、その本当の意味を理解できたような気がします。

191007 - 1.jpg被爆者の平均年齢が82歳を超えた今、直接お話を伺える機会は徐々に少なくなってきています。唯一の被爆国である日本から核廃絶を訴え、「核兵器はいらない」という声を世界に届けていくための貴重なお話を聞くことができました。

(文:佐藤広副)

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |