PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第76回クルーズレポート

第76回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

マンサニージョ(メキシコ)-日本×メキシコ 平和と友好の夏祭り

2012年07月29日

ベネズエラ、ニカラグアに続いてメキシコでも、地元の人々と共にフェスティバルを開催!今回のタイトルは「平和と友好の夏祭り」。その名の通り、メキシコの民芸品販売ブースや、メキシコ料理屋台の並ぶ、日本の夏祭りさながらのフェスティバルになりました。

フェスティバルと言えばお馴染みの日本文化紹介コーナー。今回も浴衣の着付け教室、折り紙、けん玉などのブースが並びます。やっぱり一番人気は浴衣の着付け。ファッションへの興味は万国共通のよう。特に女性たちは、艶やかな浴衣に満面の笑顔。

201207290003.jpg東日本大震災の写真展も実施。用意した横断幕には、被災地への応援のメッセージがたくさん書き込まれました。この段幕は帰国後、ピースボート災害ボランティアセンターを通じて、被災地へと届ける予定です。

フェスティバル開催を記念するテープカット。「ウノ、ドス、トレス!」の合図でテープを切ります。ちなみに、写真右から2人目のたいへんスタイルのいい女性は、ミス・マンサージョ。その美しい出で立ちに皆さんすっかり釘付けの様子。「一緒に写真撮りたい。…あ、でも、並びたくない(苦笑)」なんて声も。確かに、なんって長い足なんでしょう!!

フェスティバルはまだまだ続きます。こちらでは、メキシコの伝統舞踊と歌を披露していただきました。情熱的なダンスには大歓声があがります。真っ白な衣装に映える真っ赤な花飾りも本当にステキ!!

ピースボートからは、洋上ミュージカル『A COMMON BEAT』のメンバーが、洋上で練習を重ねているミュージカルの一部を熱演!手作りの衣装に身を包み、こちらも思いっきり歌い踊ります。

これまでのフェスティバルでも大活躍だった和太鼓チームが今日も会場を盛り上げます。太鼓を取り囲むように輪が広がり、太鼓の音に合わせて体を揺らしたり、手拍子を取ったり――大盛り上がりの演舞となりました。

フェスティバルの最後は、マンサニージョ市からピースボートへの写真の返却式。この写真は、昨年、第73回クルーズが寄港した際に、ピースボートからマンサニージョ市へと貸し出していたものです。この1年マンサニージョ市では、様々な場所でこの写真展が行われてきました。1年間、各地でたくさんの人々の目に触れてきたパネル。様々な思いを伝え、受け止めてきたとあって、何とも言えない「重み」を感じる、といった声も。
大盛り上がりのフェスティバルを終え、船はいよいよ最後の寄港地エンセナーダへと向かいます。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |