地球一周の旅を学ぶ人が集うサイト ピースボートステーション

説明会予約フリーコール ピースボートとうきょう 0120-95-3740

観光庁長官登録旅行業第617号株 式会社ジャパングレイス 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第83回クルーズレポート

第83回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

ベネズエラ~カナイマ国立公園~

2014年05月08日

ベネズエラと言えばココ!そんな方も多いはず。「地球最後の秘境」とも称される、世界遺産・カナイマ国立公園です!! 最初の写真は、国立公園へ向かうセスナ機より。窓越しに見える切り立った岩山――想像をはるかに超えるスケールの景色に、期待がふくらみます。

岩山から流れる滝。カナイマ国立公園と言えば、世界最大の落差を誇るエンジェルフォールが有名ですが、同様に岩山から落ちる滝がたくさんあるんです。この写真の滝もスゴイ落差。エンジェルフォールはこれよりもっと大きいのですから、いったいどんなスケールなんでしょう?!

本日の宿泊先となるロッジへ。迎えてくれたのは色鮮やかで美しい鳥たち!

翌朝、素晴らしい朝焼けの景色の中、エンジェルフォールへ向かいます。何という幻想的な風景…。

小型ボートに乗り込み、川を登ります。広大な大地とそびえるテーブルマウンテン。壮大な景色に、言葉を失います。このテーブルマウンテンは地球の創生期、約20億年前に生まれたものだと言われています。…20億年!?

ところどころ、川が浅くなっている場所ではボートを降りて川沿いを歩きます。少し歩いてまたボートに合流。ギアナ高地の大地を歩く、これも貴重な体験です。

本日の目的地に到着。目の前にそびえる大きなテーブルマウンテン。こんな場所に自分が立っているなんて…にわかには信じられません。

少し歩くと目の前に現れたのは、エンジェルフォール!!! 頂上からの落差約1000m(1kmですよ!!)。世界最大落差の滝です。その高さのゆえ、流れ落ちる水は途中で霧散し消えてしまいます。
ちなみに今は乾期のため、これでも水量は少ない方。雨期だったらどれほどのものなのか、想像もできません。

この景色!ゴツゴツとした岩場、独特のブラウンがかった川、広がる大地、うっそうと茂る木々、そしてそびえるテーブルマウンテン――。

こちらがその「ブラウンの川」。生い茂る、この土地ならではの植物から流れ出るタンニンの成分からこんな色になるそう。茶色いのに高い透明度。川面に目をこらすと、小さな魚が泳ぐ姿が見えます。濁っているわけではなく、透き通った茶色い川――何とも不思議な光景です。
20億年もの時間をかけ、地球が作り出した壮大な景観に触れる、感動の体験となりました。

ページ上部へ戻る

地球一周の船旅について知りたい方は! 全国開催60都市以上

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款  | 個人情報について  | ピースボートセンターのご案内  |