PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第86回クルーズレポート

第86回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

ボラボラ島(タヒチ)-前編-

2015年02月14日

昨日、タヒチ島・パペーテを出港したオーシャンドリーム号。続いて今日は、タヒチ・ボラボラ島へやってきました。ボラボラ島の港は小さく、大型客船は着岸できないためテンダーボートに乗り替えて上陸します。本船へ迎えに来てくれたのはこのトロピカルなデザインのボート。これだけでワクワクしますよね。

まずは港近くのお土産物屋さんへ。パペーテ同様、ボラボラ島にも色鮮やかなパレオや、タヒチならではのオシャレなアクセサリーがたくさん並んでいます。お店に入るとどれもみんな素敵で、ついつい買い物に夢中になっちゃいます。まだボラボラ島に着いたばっかりなのに…(笑)

ボラボラ島では、島の大自然を体感するジープ・ツアーへ。ご覧のような細い道をジープでぐいぐい進みます。「ちゃんとつかまっててねー!」のドライバーさんの言葉通りの行程ですが、これ、楽しいです。車内は、大盛り上がり。

進むのはこんな道。ね?楽しそうでしょう?? 気持ちよさそうでしょう?? (楽しいです。緑いっぱいで気持ちいいです。サイコーです!!)

丘に上がり、視界がパッと開けるとこの景色!!
今日はあいにくの曇り空。それでもこの美しさですから…晴れていたらいかばかりか……。

美しい海と共に、この深い緑もタヒチの見どころです。先日訪れたラパ・ヌイ(イースター島)も同じポリネシア圏。しかし、歴史も環境もまったく異なります。この多彩さも、南太平洋の魅力です。

こんな風に「つり下げて」ボートを係留するなんてオモシロイ!このやり方、タヒチでは一般的なもののよう。船の多くが木製だった時代、船底を虫などに喰われないようこうした係留方法が採られたそう。現在では、金属製の船が主ですが、係留方法はそのまま残っているんですね。

ココナッツの木。タヒチでは「命の木」とも呼ばれています。果実を食べたり、ココナッツ・ジュースにするのはもちろん、幹は木材に、葉は屋根やバスケットなどの手芸品に、殻はネックレスなどのアクセサリーに……と余すところなく使われるそう。「命の木」――このネーミングにも頷けます。

美しいビーチ!! ボラボラ島には、世界のセレブが別荘を構えると聞きましたが、それも納得。美しいボラボラ島でのんびりバカンス――いいなぁ……羨ましい!!

タヒチと言えば真珠の産地としても有名です。こちらは真珠の養殖場。通路も貝殻で飾られていて、オシャレで楽しい!

「ボラ・パール・カンパニー」には黒真珠のアクセサリーが並びます。ネックレス、ピアス、ブローチ、ブレスレット……いずれも粒が大きくて、深い色合いで、本当に美しい!! これはお土産に買って行ったら喜ばれますよ!! (※当然、お値段もなかなかグレイトですが(笑))

とにかくキレイなものいっぱいのボラボラ島。もう少しお付き合いください!!
→レポート・後編へ

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |