PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第86回クルーズレポート

第86回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

AYE洋上コンサート

アフリカン・ユース・アンサンブル/ブロードウェイラウンジ

2014年12月05日

南アフリカの「旧黒人居住区」ソウェトを中心に活動する音楽グループ、アフリカン・ユース・アンサンブル(AYE)による洋上コンサートが開催!! クラシックの名曲や、南アフリカの伝統音楽が奏でられます。写真は、AYEの歩みの創設者で現コーディネーター、そしてバイオリン奏者のコロワネ・マントゥさん。

AYEメンバーのひとりとして乗船しているコウタツォ・マントゥさんは、コロワネさんの娘さん。お父さんと同じバイオリン奏者です。親子で、第一バイオリン、第二バイオリンを交互に担当し、アンサンブルをまとめます。笑顔でアイコンタクトを交わすふたり。息ピッタリで本当に楽しそうで、こちらまで笑顔になります。親子でアンサンブルが出来るなんていいなぁ。

息ピッタリなのは“マントゥ親子”だけではありません。皆さん、視線を交わし合い、弓や身体の動きでタイミングをとって――素晴らしいアンサンブル!!

ソリストをつとめるのはビオラ奏者のネオ・メディエヘさん。さすがにソリストともなるとちょっと緊張気味のよう。とはいえ、心強いアンサンブルメンバーがソリストを支えます。美しく繊細な音色にうっとり……。なんて素晴らしい時間。

レセホ・ペレウさん。「サイズ・テン」という特徴的なあだ名は、小柄な身体からつけられたものなんだそう。しかし、担当楽器は小柄な身体に反して、大きなチェロ!! チェロを操るレセホさん、カッコイイ!!

コンサートを終え「写真、いいですか?」と声をかけると、船の白いピアノを囲んでポーズ。なんってカッコイイんでしょう…(ため息)。そしてこの笑顔!! 今夜のコンサートで、誰もがAYEの大ファンになってしまったこと、言うまでもありませんよね。AYEの皆さんには、今後もたくさんのイベントやコンサートにご参加いただけるとのこと。これからこの船内でどんなハーモニーが紡がれていくのか、楽しみ!!

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |