PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第86回クルーズレポート

第86回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

災害ボランティアトレーニング

鈴木隆(ピースボート災害ボランティアセンター)/セミナールーム

2015年02月08日

「被災地」に多くのボランティアが足を運び、「ボランティア元年」とも呼ばれる阪神淡路大震災から20年、災害発生時におけるボランティアの活躍は珍しいものではなくなりました。こうした時代の変遷に対し「ボランティアは新しいフェーズに入った」と語るのは、ピースボートで災害支援を担当する鈴木隆。「これからは災害時にボランティアを束ね、適切な状況判断と指示が出来る『リーダー』が必要」と、洋上で行ってきた「リーダー・トレーニングプログラム」の最後の講座がありました。

これは、ピースボートの災害支援プロジェクト「ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)」が行っているもの。13時限の講座やワークショップを通じて、ボランティア・リーダーとしての心構えや安全管理、疾病対策、状況判断などを学びます。最後の講座となった今日行われたのは、リーダーとしての心構えとフィードバック。プログラムを振り返り、参加者からは様々な声があがります。改めて、ボランティアの意義と難しさを確認するものとなった今日の講座から、鈴木は呼びかけます。「災害支援の現場で最も大切なのは、相手の立場に立って、その声を聞くこと。シンプルだけど、ひじょうに難しいことでもあります」こうした言葉に大きく頷く参加者も。

今後起こり得る災害に備える――それは簡単ではありません。災害は起こらない方がいい、自分や自分の家族はきっと大丈夫…そんな当たり前の思いも「備え」への壁になります。だからこそ――。多くを学び、考える、そしてたくさんの課題を与えてくれる、大切な講座となりました。

※災害ボランティア・トレーニングは日本でも、随時各地で開催中。誰でも受講できます。詳しくは、下記ウェブサイトをご確認ください。
災害ボランティア・トレーニング
ピースボート災害ボランティアセンター(PBV)

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |