地球一周の旅を学ぶ人が集うサイト ピースボートステーション

説明会予約フリーコール ピースボートとうきょう 0120-95-3740

観光庁長官登録旅行業第617号株 式会社ジャパングレイス 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第87回クルーズレポート

第87回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

エコノミックヒットマンの告白

ジョン・パーキンスさん(作家)/ブロードウェイラウンジ

2015年06月28日

"途上国"や"資源国"の政府に巧みに取り入り、巨万の利益をかすめ取った上でその国を負債の連鎖へ陥れ、時に戦争まで引き起こす「エコノミック・ヒットマン」。私はかつてその「エコノミック・ヒットマン」だった――そんな衝撃の告白から、世界的ベストセラーとなった『エコノミック・ヒットマン』(東洋経済新報社)。本著の著者、ジョン・パーキンスさんが洋上講座に登場!! 超満員の会場で、著作にも記した自身の半生を語りました。

エコノミック・ヒットマンの仕事――それは、途上国や資源国の指導者に接触することから始まります。世界銀行などの融資を得てインフラ事業を行えば、飛躍的な経済成長が見込めると誘導。資源やインフラ受注などの利益は米国政府やグローバル企業へ流れ、当国には負債のみが残る、そんな構造を築いていきます。

「実際、私はパナマ、イラン、インドネシアなどの指導者に接触し、負債の連鎖に陥れました」

新聞の国際面にあるような事柄が、赤裸々に示される驚愕の語り。さらに、ミッションが難航した際には、内戦や紛争、クーデターを煽り、時には暗殺や事故死も企てるといった言葉に、会場は水を打ったように静まりかえります。

自身が手がけたプロジェクトから、相手国の指導者が不審な事故死を遂げたことをきっかけにこの仕事に疑問を持ち、現在は"告白者"として活動するジョンさん。国民の声がエコノミック・ヒットマンが仕掛けたクーデターを退けたベネズエラなどを引き合いに、真実を知り、行動することが大切だと呼びかけます。
激動の世界情勢の「裏側」を語るジョンさんの講座、ますますの注目となりそうです。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款  | 個人情報について  | ピースボートセンターのご案内  |