PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第92回クルーズレポート

第92回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

リヴォルノ(イタリア)寄港-フィレンツェ編-

2016年09月22日


160922_L09.jpgチビタベッキアを後にし、同じくイタリアのリヴォルノに寄港したオーシャンドリーム号。ここから向かったのは、花の都フィレンツェです。
電車で約1時半、フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅に到着です。さっそく見えてきたのは、フィレンツェのシンボル、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂。建物の間から、その特徴的な屋根がのぞいています。

160922_L02.jpg近づいてみると、その大きさに圧倒されます。建物をよ〜く見ると、施された彫刻や外壁の色使いの繊細さにふたたび驚かされます。

160922_L03.jpgにぎわっている外とは打って変わって、内部は静寂に包まれています。
祭壇まで進み、ドームを見上げてみると、そこにはとても美しい天井画が…。あまりの美しさに、時間を忘れて見入ってしまいます。

160922_L05.jpg大聖堂を後にして、続いて訪れたのはウフィツィ美術館です。1580年竣工という非常に歴史ある建物で、当初は行政機関として使われていたそう。イタリア語の「ウフィツィ(Uffizi)」は、英語にすると「オフィス(Office)」…、そう、オフィスという単語の語源になっています。

160922_L01.jpgルネサンス期を代表する国宝級の絵画が集まる、イタリアでも屈指の美術館。レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロ、ボッティチェリ、ラファエロなど巨匠たちの作品が数多く所蔵されています。日本でもよく知られる「ビーナスの誕生」も展示されています。

160922_L08.jpg展示品もさることながら、美術館の廊下や天井もこの素晴らしさ。ついつい足をとめて見入ってしまいます。

160922_L06.jpg美術館に隣接する、ヴェッキオ宮殿も見どころのひとつ。ここは屋上にのぼることができ、フィレンツェの街並みが一望できるそう。これをのぼらない手はありません!

160922_L04.jpg階段をのぼること10分、屋上に出るとそこにはなんとも美しい景色が広がっています。青い空、オレンジ色の街並みとトスカーナ州の山々…。この街が「天井のない美術館」と称されるのも納得の風景です。

160922_L07.jpgたくさん歩いて小腹も減ったので、ジェラート店へ。「はい、どうぞ!」お兄さんが笑顔で渡してくれます。
味は言うまでもないですね、1日歩いて疲れた体に甘いジェラートが染み渡り、さらにおいしく感じられます!!

フィレンツェの街を歩き肌で歴史を感じる、大感動の1日となりました。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |