PEACE BOAT 地球一周の船旅

資料のご請求及び説明会のご予約は0120-95-3740

旅行企画実施 株式会社ジャパングレイス 観光庁長官登録旅行業第617号 一般社団法人日本旅行業協会正会員

第97回クルーズレポート

第97回クルーズレポート トップへ

Life Onboard

人道主義を貫く医師として

ファウジア・ハサンさん(医師、人道活動家) / スターライトラウンジ

2018年03月26日

180325_3390.jpg1999年から、コソボやインドネシア、アフガニスタン、ガザ、シリア、バングラデシュで人道活動に携わっている、ファウジア・ハサンさんは、「パレスチナとエルサレムのための国際連合」の2014年度の国際活動家賞を受賞、2017年8月には、マレーシア首相からイスラムのNGOリーダー賞(女性部門)を受賞しました。また2016年9月、ガザ封鎖突破を目的とした「ガザを目指す女性の船」に医師として乗船した経験を持っています。「世界各地で起こっている難民問題。戦争や災害などによって国外に逃げたり、国内の違う地域に逃げている難民は3100万人と予想されています。今も、毎秒1人以上の人が、住む場所を追いやられているんです。」その数に、驚きの声があがります。
「わたしがヨルダンで出会ったシリア人に、死から逃げてきたけれど、ここに住む場所はあってもちゃんとした生活は出来ない、そう聞きました。」難民の中でも、子どもや女性が特に影響を受けていると話すファラウジさん。男性はケガをさせられたり刑務所に入れられてしまうことも多いため、女性や子どもが働かなければならず、教育を受ける機会を失っているといいます。

180325_3436.jpg「最初に人道支援したコソボでは、ユーゴスラビア紛争により病院のほとんどが爆破されていました。」ファウジアさんは各地を車を回り、移動式の病院として患者の治療にあたりました。「ある女性に、なぜ遠く離れたマレーシアから来て、見返りを求めずに活動しているんですか?そう聞かれたことがあります。その答えは、わたしが責任を負わないといけないと考えているからです。」苦しんでいる人を助けたいという思いと、素晴らしい人は人びとに恩恵を与える人という宗教の教えがファウジアさんを動かしています。現在も、苦しむ人びとを助けるためにさまざまな活動をしているファウジアさんに大きな拍手が送られました。

ページ上部へ戻る

| HOME  | サイトマップ  | お問い合わせ  | リンク  | 会社案内  | 旅行業約款・旅行条件  | 個人情報について  | ピースボートセンター  | ライブラリー  |